2005年1月15日

[linux-users:104237] Re: IDEと SATA HDDの差異吸収方法について、

柳といいます。

おそらくRedHat7.3のことですかね。

これはIDEからSATAにコピーした時のみに発生しますか?
この場合はHDDの規格が違いますし、当然HDDのFirmeWareが違いますので
Panicを起こすと思います。

以前、商用のUNIX(HP-UX10.2)で、ddコマンドで他のHDD(同型ですがFirmeの
Versionが違っていた)

にコピーしたら、そのシステムはPanicを頻発したと聞いたことがあります。

この場合の正しい(と思う)方法は、面倒でもクリーンインストール後に設定デー
タ等を
移行したほうが良いように思います。

以上、参考にならないかも知れませんが。

YOSHIFUJI Hideaki / 吉藤英明 wrote:

>In article <000f01c4fa3e$c362b980$1200a8c0@xxxxx> (at Fri, 14 Jan 2005 22:41:44 +0900), "nishiyama" <nn2480@xxxxx> says:
>
>
>
>>LINUX7.3の入っている、サーバーのHDD
>>
>>
>
>LINUX7.3って...?
>
>
>
>>(IDE HDD80GB)を、他のサーバーのHDD(SATA HDD80GB)に80GB分
>>コピー機でまるまるコピーした後、
>>そのSATAのサーバーを立ち上げた所、カーネルパニックが発生してうまく、
>>立ち上がりませんでした。
>>
>>
>
>どのようなpanicですか?
>(正確に)
>
>--
>yoshfuji@rootデバイスが見つからない、に一票
>
>
>
>
>
>
>


投稿者 xml-rpc : 2005年1月15日 00:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/9451
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。