2005年1月11日

[linux-users:104231] (お礼)Re: vncサーバをxinetd経由で起動させるには?

MK278と申します。
明けましておめでとうございます。
すっかり遅くなりまして誠に申し訳有りません。m(_ _)m

> こんにちは、田中です。
> そういえば、VNCのバージョンとLinuxのディストリビューションを
> 聞いていませんで
> したね。
Redhat9です。
# rpm -qa | grep vnc

tightvnc-debuginfo-1.2.9-1
tightvnc-server-1.2.9-1
tightvnc-1.2.9-1

> では、なぜ?xinetdやinetdを使った運用を行っているのでしょうか?
学習の一環としてです。
(スンマセンこんな理由で)

> これについては、あくまでも仮説ですが・・。
> それぞれのASPホスティングサーバに対して、
> お客さん(ユーザ)のアクセスを制限

> また、三鷹の松田さんの言う、sshを用いたポートフォワーディングの場合には、
> 極めてローカルなネットワーク環境で、かつ簡便な運用を行うのであれば
> 必要にして十分な運用であると考えられます。
有難うございます。
参考になります。

> MK278さんが、どちらの運用を目指しているのか?によって、
> その難易度は違ってく
> るのです。
そうだったんですか。

> こちらはちょっと違います。inetdは、本来は、標準入出力ベースの
> (簡単に作成できる)プログラムをネットワークサービスとして
> 使用可能にするためのものでした。起動の可否の制御、はかなり後になって
> 追加された機能です。
これは知りませんでした。参考になります。

> 何を以って「通常」というかは意見の分かれるところかと思いますが、
> たしかに (xinetdならともかく) inetd + tcpd を使うよりは
> ssh + port forwarding の方が簡単ですし、特に外部のネットワークを
> 通す場合には、こちらの方が安全ですね。この点については下記の
> ように基本的にはローカルネットワーク専用で作成されたものだと
> 思います。
有難うございます。試してみたいと思います。

>> vnc は、元々 inetd /xinetd 等の、 tcp サーバを経由して起動されることは
>> 設計の前提として考えられていないのではないでしょうか。
> 少なくとも 3.x 系列はその通りです。
> 最初は外部ユーザ作成のパッチでしたから。
そうなんですか。分かりました。


投稿者 xml-rpc : 2005年1月11日 19:05
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/9445
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。