2004年11月25日

[linux-users:103918] ファイルシステムについて

沖田と申します。
初めて投稿します。

現在、FedoraCore2(Kernel 2.6.5-1)にて勉強中です。
そこでファイルシステムついて疑問があります。
まだ初心者で、間違った理解である場合、そちらもご指導下さい。

色々なローカルファイルシステム(フォーマットベース)をアクセス可能にする、
VFSの各オブジェクト(file_system_type:super_block:inode:dentry:file)
がインターフェースとなり、ローカルファイルシステムにアクセス

出来きる事を知りました。

そこで、VFATもinode管理機構の仕組みをもっている?と疑問に思っています。
つまり、linux管理機構のinodeなのか?フォーマットベース管理機構のinodeなのか

ここが分かりません。

linuxの管理機構であれば、
カーネルがシステムコール受け取り、ファイル操作をする手順は、
*簡易表示、キャッシュは抜いています。
ストレージ(VFAT)→DEVICE→file_system_type→super_block
で情報を吸い取り、それを元にinodeとして一途付け、
プロセス→file→dentry→inode→DEVICE→ストレージ(VFAT)
といったファイル操作をしているのでしょうか?

もう一つ。どんなローカルファイルシステムでも、
スーパーブロックを持ち、ブロック単位で読書きなのでしょうか?

投稿者 xml-rpc : 2004年11月25日 14:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/28199
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。