2004年11月16日

[linux-users:103843] Re: 指定した文字列を含まないファイルを見つける方法

こんにちは。松田陽一@三鷹です。

皆様。
怒涛のツッコミ、有難うございます。

大変お恥ずかしい限りでございます。

これでも何度も man を見たのです。(日本語の方ですけど)
それでこのていたらくです。
「貴様の目ン玉ガラス玉」と揶揄されても反論できません。

弁解の余地、ありません。

実は、今回の投稿に至る迄、かなり長い期間、悩んでいたんです。
どうせならもっと早い時期にここに投稿して、恥をかくべきでした。

でも、ユニークな回答もそれはそれで新たな発見がありましたから、
あながち無駄ではなかった、ということにしておいて下さい。(瀧汗)

From: MIYAZAKI Shin <miyazaki@xxxxx>
Subject: [linux-users:103833] Re: 指定した文字列を含まないファイルを見つける方法
Date: Tue, 16 Nov 2004 17:35:27 +0900

> > 感覚的には、 hogegrep -v yoh@xxxxx ~/spam/spam/* とすると、指定文
> > 字列を含まないファイルのみを出力してくれる、そんなものがないかなぁと
> > 思ってます。
>
> | -L, --files-without-match
> | 通 常の出力はせず、このオプションを指定しなかったと
> | きに全く出力されない入力ファイルの名前を表 示 し ま
> | す。スキャン動作は最初のマッチで終了します。
>
> これはお望みの物じゃないですかね?

はい、ドンピシャです。(嗚咽)

良く読み直すと、この説明文、

| -l, --files-with-matches
| 通常の出力はせず、このオプションを指定しなかったときに出力される
| 入力ファイルの名前を表示します。スキャン動作は最初のマッチで終了
| します。

これと対比しないと意味を取り難いかも知れません。
要するに、こういうことですよね。↓
「このオプションを指定しなかったときに『マッチした行が』出力される」
--
Nothing but a peace sign.
松田 陽一(yoh)
mailto:yoh@xxxxx
http://www.flcl.org/~yoh/index.htm

投稿者 xml-rpc : 2004年11月16日 23:02
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/27867
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。