2009年11月 2日

[julius-u:00243] Julius-4.1.3 released

Julius users ML のみなさん,

李 です.
Julius のバージョン 4.1.3 をリリースしましたのでお知らせします.
ホームページからダウンロードできます.

http://julius.sourceforge.jp/

バージョン 4.1.3 では,Microsoft Visual C++ 2008 がサポートされました.
また,Julius をオブジェクト化したラッパークラスが提供され,
Windows アプリケーションへの組み込みが以前よりも容易になりました.
コンパイル方法など,詳しくは msvc/00README.txt をご覧ください.

お気づきの点,不具合,ご意見,機能に対するご提案などありましたら,
本MLあるいはホームページのフォーラムまでお気軽にご連絡下さい.


【更新点】

○新規
- 新たな MSVC サポート:"msvc/00README.txt" を読んでください。
- 任意長の N-gram をサポート
- モジュールモードでアライメント結果 (-walign) を出力可能に
- システムに portaudio ライブラリとヘッダがあれば、Julius 内蔵の
portaudio の代わりにそれを使用するようになった。外部ライブラリは
V19 にも対応する。またこのとき,録音デバイスを PORTAUDIO_DEV で
選択可能。書式は起動時のログを見ること。

○変更・修正
- 4.1.x で 0次ケプストラム項をCMNしていたのを、4.0.x 以前と同様に行わ
ないよう仕様変更した。
- j_get_current_filename() を JuliusLib に追加
- "--enable-wpair" のアルゴリズムを若干改善

○バグ修正
- 入力ストリーム開始・終了にまつわる複数のバグを修正
- julius-simple が make できないバグを修正
- cygwin で録音できないバグを修正
- adintool が "-server" で落ちるバグを修正
- たまに文法認識で文法切り替え後に落ちるバグを修正

--
李 晃伸
名古屋工業大学大学院 工学研究科
〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
Tel/Fax: 052-735-7913 (bld. #2 - office 306A)
E-mail: ri@xxxxx
URL: http://www.sp.nitech.ac.jp/~ri/


投稿者 xml-rpc : 2009年11月 2日 14:43
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/89870
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。