2008年10月 3日

[julius-u:00233] Julius-4.1 released

Julius users ML のみなさん,

李 です.
Julius のバージョン 4.1 をリリースしましたのでお知らせします.
Juliusのホームページからダウンロードできます.

http://julius.sourceforge.jp/

Julius-4.1 では,4.0 から以下の改善が行われました.

・ドキュメントを 4.x に合わせて全面的に刷新し,"The Juliusbook" に集約
・プラグイン拡張のサポート
・モジュールクライアントの perl 版 jclient.pl を新規追加
・3.x との互換性の確保 (-fallback1pass)
・動作の安定化
・マルチストリーム対応,MSD-HMM対応 (--enable-msd)
・CVN / VTLN サポート(VTLN ではパラメータ推定はできません)

新たに,動的ローディングによるプラグイン拡張がサポートされました.共有
オブジェクトを実行時に読み込むことで,Julius の機能を容易に拡張できま
す.Plugin API はまだ初期段階ですが,音声入力や特徴量処理,結果出力な
ど様々なプラグインが書けます.アーカイブのディレクトリ "plugin" 以下に
はいくつかのサンプルコードがあり,また下記の Juliusbook でも解説を
書きましたので,ご覧ください.

また,関連ドキュメントが "The Juliusbook" として集約され,内容が最新版
に合わせて全面的に更新されました.ソースは Docbook XML 形式で書かれて
おり,html 版と pdf 版が提供されます.一部未完成の部分がありますが,今
後もJulius本体のリリースに合わせて加筆・更新されていきます.


お気づきの点,不具合,ご意見,機能に対するご提案などありましたら,
本MLあるいはホームページのフォーラムまでお気軽にご連絡下さい.

http://julius.sourceforge.jp/forum/

--
李 晃伸
E-mail: ri@xxxxx
URL: http://www.sp.nitech.ac.jp/~ri/


投稿者 xml-rpc : 2008年10月 3日 15:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/77822
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。