2007年7月23日

[julius-u:00225] Re: 不正オプション時の不具合と2nd pass のメモリ・リークについて

Julius Users ML の皆様

お世話になっております。新堂@村田機械です。

>>>>> In article <m2odi3fbpb%wl.yasutaka.shindou@xxxxx>
>>>>> yasutaka.shindou(at)hkt.muratec.co... wrote:

> 2. wchmm_fbs() の認識結果格納スタック (リスト) の内容が解放さ

> れず、メモリ・リークを起こしている様です。

上記の指摘に関しては、同スタックを利用する場合は必ず
result_reorder_and_output() 内で解放処理することになる様なの
で、問題ないようです。

お騒がせしました。済みません。 ;-(

--
Yasutaka SHINDOH / Murata Machinery, Ltd., JAPAN

投稿者 xml-rpc : 2007年7月23日 23:27
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/62027
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。