2005年11月18日

[julius-u:00185] Julius-3.5 released

Julius users ML のみなさん,

李 です.

3.4.2 のリリースから1年半がたちましたが,このたびやっと
Julius-3.5 をリリースしました.
ホームページからダウンロードできますので,
どうぞお試し下さい.

http://julius.sourceforge.jp/


rev. 3.5 は,音声インタフェースのためのいくつかの重要な新機能の追加,
性能改善,バグ修正およびコードのブラッシュアップ,プログラム中のコメン
トの大幅な追加が行われた,大幅なアップデートです.

3.4.2 からの主な変更点をまとめると以下のとおりです.

- 新機能のサポート
- 単語グラフ出力
- GMM による環境音識別および不要音棄却
- 複数文法の認識の強化
- 多くのバグ修正,使用メモリ量の削減
- 文字コード変換 (UTF-8 <-> SJIS <-> EUC その他)
- オーディオ入力サポート追加 (EsounD, ALSA-1.x)
- Windows コンソール版の改善,開発環境を minGW へ移行
 - ドキュメンテーションを一新:Webにドキュメントを移行し強化
- Linux版,Windows版,multipath版のソースをすべて一つに統合
- 英語の LICENSE 文書を作成

ディクテーション実行キットも 3.5 に合わせて更新しました.
なお,認識精度と速度は前バージョンから変化していません.

不具合,ご質問などあれば,本MLあるいはホームページの掲示板等で
なんでもご連絡下さい.

では.

P.S.
4月より所属が変わりました.
--
李 晃伸
名古屋工業大学 大学院工学研究科 情報工学専攻
E-mail: ri@xxxxx
URL: http://kt-lab.ics.nitech.ac.jp/~ri/

投稿者 xml-rpc : 2005年11月18日 13:46
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/3818
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。