2004年2月 3日

[julius-u:00161] Re: N-bestでの探索数について

八木@徳島大

わかりました。ありがとうございます。

LEE Akinobu <ri@xxxxx> wrote:

> 奈良先端大の 李 です.
>
> > オーム社出版の「音声認識システム」本において
> > Nベスト探索は,通常10個程度を求めれば十分である

> > とありますが,何故ですか?.
>
> 経験則です.10という数字に理論的な根拠があるわけではありません.
>
> N-gram言語モデルを用いた探索では,A*探索としての最適性が厳密には保証さ
> れないため,最初に求めた解が最適(=最尤)の解でない可能性があります.
> このため,解を1つだけ求めると,それが最尤解でない可能性があります.
> 求める解の数を増やしていけば,その中に最尤解がある可能性はどんどん
> 高まってきます.
>
> 何回か実験を行った結果,だいたい10個ぐらいを求めれば,
> ほぼその中に最適解が存在するということが経験的に言えるので,
> そのような表記になっています.
>
> では.
> --
> 李 晃伸 (ri@xxxxx)
> 奈良先端科学技術大学院大学(奈良先端大)
> 情報科学研究科 音情報処理学講座 助手

投稿者 xml-rpc : 2004年2月 3日 17:03
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/3797
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。