2003年12月11日

[julius-u:00153] Re: トレリスの各単語内の各”音素”の開始・終了時間

こんばんは,
李@奈良先端大 です.

> 質問は、「トレリスの各単語内の各”音素”の開始・終了時間がどこかの変数に格納
> されていないのだろうか?」という内容です。

Juliusでは,解探索時にはHMM情報を単語単位で保存してますので,
音素単位の情報は探索中には格納されていません.

認識結果に対して音素単位のマッチング区間を得たいのであれば,

"-walign", "-palign", "-salign" のオプションはどうでしょうか?
それぞれ,認識終了後に,認識結果の単語列に対して
単語・音素・HMM状態の単位で入力音声に対して再アラインメントを行う
オプションです.

> どうも色々printfしてみた結果、libsent/src/phmm/vsegment.cのviterbi_segment関
> 数において、
> その情報(つまり、1st-pathで求めたトレリスの各単語内の各音素の開始・終了時
> 間)を用いているような気がしたのですが、
> それは勘違いでしょうか?

この関数は,上記の -walign, -palign, -salign を指定したときに
用いられる関数で,探索時には用いられていません.

では.
--
李 晃伸 (ri@xxxxx)
奈良先端科学技術大学院大学(奈良先端大)
情報科学研究科 音情報処理学講座 助手

投稿者 xml-rpc : 2003年12月11日 00:54
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/3789
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。