2001年4月23日

[julius-u:00088] Re: 認識率の算出

にしむら@NAISTです

Juliusは標準入力からファイル名をパイプできます.
よって,こんな使い方をします.

ls *.wav | julius -C confile > output.log

Kazunori Nozaki <kazunori@xxxxx>さん:
> やはり、ログつくることができませんでした。
> julius -C Sample-j.jconf > one.log

> では、
> enter MFCC filename->が出る前に、
> ### read analyzed parameterのところでハングアップします。
> つまり、コンソールからの入力待ちのところで止まるのですが、
> それは、そうかもしれないな、と思い、
> enter MFCC filename-> one.mfcc > one.log
> とすると、エラーです。
> やはり、標準入力のところでハングアップするのは、おかしいのでしょうか?
---
西村 竜一 <nisimura@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2001年4月23日 19:36
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/3726
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。