2001年2月12日

[julius-u:00076] Re: 音響モデルを別のものに変更することはできますか?

こんばんは.
李@奈良先端大 です.

> 分析条件及びHMMの状態数や混合数等が違うモデルでも認識を行うことはで
> きるでしょうか?

Julius は分析条件が MFCC_E_D_Z 以外の音響モデルを用いることもできます.
ただし,その場合,マイク入力や音声ファイル入力などの直接音声入力は使え
ません.音声ファイルを認識したいときは,あらかじめHTKのHCopyなどの外部
ツールで(目的のモデルに合わせて)別途特徴抽出してHTKパラメータファイ

ルに変換してから,Julius に与えることで認識できます.

また,モデルの状態数と混合数については,任意の数が扱えます.

では.
--
李 晃伸 (ri@xxxxx)
奈良先端科学技術大学院大学(奈良先端大) 情報科学研究科

投稿者 xml-rpc : 2001年2月12日 18:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(4) 総合:(4) 投票回数:(1)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/3714
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。