2000年6月12日

[julius-u:00050] Re: Julius on FreeBSD

From: Akinobu LEE <ri@xxxxx>
Subject: Re: Julius on FreeBSD
Date: Mon, 12 Jun 2000 18:18:50 +0900

長友@奈良先端大です。

> 動作報告ありがとうです.
> FreeBSDも次のリリースから対応OSに入れさせていただきます.

おねがいします(^^)/


> 「readlineでヒストリー参照(add_history())を使うには
> -lhistory が必要」とずっと思ってたんですが,
> 違うんでしょうか>詳しい方

は詳しくないので分からないのですが、うちのFreeBSDには
libhistoryがなく(libreadlineはある)、ためしに外して
みたらMakeできた、という経緯です。
-input rawfileでカーソルの上矢印を押したらちゃんと履歴
もでたので、動いているとおもうんですが...

それから、今日Julius 3.1を手に入れたので試していたところ、
マイク入力で長い言葉を認識させた後に入力を受け付けなくなる
症状がでました。OSSを使っているマシンだけのようで、ALSAの
ドライバを使っているマシンでは動きました。

調べたところ、adin_mic_linux_oss.cのadin_mic_readの中で
info.bytesが0になる場合があるのが原因のようなので、
とりあえずinfo.bytesが0の場合に
if(info.bytes <=0) info.bytes = sizeof(SB16);
としておいて、様子を見ています。

投稿者 xml-rpc : 2000年6月12日 19:17
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/3688
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。