2000年6月12日

[julius-u:00048] Julius on FreeBSD

長友@奈良先端大です。はじめまして。
Juliusには研究とあと研究室のデモでお世話になってます。

さて、私は自宅ではLinuxよりFreeBSDな人なので:-)
前々からJuliusをFreeBSDで走らせたいなと考えていたのです
が、先日ためしにやってみたら思っていたよりずっと簡単に
できてしまったので報告します。

#で、これだけ簡単にうごくなら、是非次のリリースからはFreeBSDも
#対応OSに加えてください。>李さん


JuliusはVer.3.0を利用しました。
マシンは自作AT互換機で肝心のサウンドカードは
ISAのSoundBlaster AWE32です。
OSはFreeBSD 3.2-RELEASEで、ドライバはsndを
つかいました。
手順は以下の通り。

1. sh configureでOSS互換サウンドドライバを利用する設定にする
2. Makefileで-lhistoryを外す
(-lreadlineだけでいいみたいなんですけどなぜ?)
3. lib/adin/adin_mic_linux_oss.cの<sys/soundcard.h>を
<machine/soundcard.h>に変更
4. あとは普通にMake

ためしたマシンが無印Pentium 133MHzと遅いため認識速度
と精度はよくありませんが、動作そのものは普通だったと
思います。

もともとFreeBSDのsndサウンドドライバはLinux由来と聞いて
いますし、Juliusそのものがごく標準的なライブラリだけで
動いているようなのである意味ですごく当たり前な結果では
ありますが...

投稿者 xml-rpc : 2000年6月12日 13:46
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/3686
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。