2000年1月 2日

[julius-u:00027] julius-2.2 patch その2

今井です.
あけましておめでとうございます.

julius-2.2 に対するパッチ,その2です.
# 小出しにしてすみません (^^;;

私のところで出る不具合としては,config ファイルの読み込みに失敗すること
とがある,というものです.
jconf.{male|female} は読めるのですが,jconf.general が HMM ファイルを読
むところでこけてしまいます.


原因としては,

・getl() という関数は,fgets () で得た文字列の行末(改行文字)を chop し
て返しているが,

・config_file_parse はこの返り値 (buf) を格納するエリアを,

cpy = (char *)mymalloc(strlen(buf))

として確保しているので,'\0' を格納する領域が確保できていない

というものです.

というわけで,パッチです.

--- julius-2.2.orig/main.c Mon Oct 4 17:15:15 1999
+++ julius-2.2/main.c Sun Jan 2 00:01:41 2000
@@ -302,7 +302,7 @@
c_argv[0] = strdup(conffile);
c_argc = 1;
while (getl(buf, 512, fp) != NULL) {
- cpy = (char *)mymalloc(strlen(buf));
+ cpy = (char *)mymalloc(strlen(buf)+1);
p = buf; dst = cpy;
while (1) {
while (*p != '\0' && ISTOKEN(*p)) p++;

では
_._. __._ _.. . .___ ._. _____ _... ._ _._ _.._. .____ .__. ... . _._

今井 邦彦
Kunihiko IMAI

投稿者 xml-rpc : 2000年1月 2日 00:35
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/3665
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。