2010年10月20日

[jsosug:00142]FYI: TCG日本支部(JRF) 第二回公開ワークショップ開催のご案内

日本セキュアOSユーザ会の皆さま、

むねとうです。
TCG日本支部(JRF) 第二回公開ワークショップ開催のご案内のご案内を致します。
OSネタではありませんが、HDD暗号化の新しい仕様に関するセミナーです。
最近の暗号機能付きHDDについて詳しい話が聞けると思います。

---

===================================================10/4/2010===

◇◆TCG日本支部(JRF) 第二回公開ワークショップ開催のご案内◇◆
          安全なモバイルコンピューティングを実現
          ―ディスク暗号化標準技術(TCG/OPAL)―
       〜お申し込み受付を開始しました〜

==============================================================

各位

拝啓 貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

TCG日本支部(JRF)主催、 第二回公開ワークショップを開催しますので、下記の通り
案内申し上げます。

2010年11月4日(木)に第二回公開ワークショップを開催します。今回のテーマは、
「安全なモバイルコンピューティングを実現―ディスク暗号化標準技術
(TCG/OPAL)」とし、ストレージセキュリティの仕様である、OPAL技術の概要・背
景、実装・ソリューション例を、HDDサプライヤー, PCサプライヤー, ソリューショ
ンサプライヤーの視点からご紹介いたします。なお、ゲストスピーカーをお迎えし、
ディスク暗号化に関する要求/ 規制についてお話頂きます。アジェンダ(仮)などの
詳細は下記をご参照下さい。

お申し込み方法等の詳細は下記またはTCGサイト
http://www.trustedcomputinggroup.org/jp/jrfworkshop)をご参照下さい。

定員に制限がございますので、お申し込みはできるだけお早目にお願い申し上げま
す。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 □■□■□■ TCG日本支部(JRF)第二回公開ワークショップ■□■□■□

【日時】11月4日(木)13:15−18:00(受付13:00)
【会場】日本アイ・ビー・エム?本社1階
     リバーサイドプラザ・AVルーム
     住所:東京都中央区日本橋箱崎町19-21
     http://www-06.ibm.com/jp/ibm/map/hq.html
【対象】OPAL ソリューションにご興味をお持ちの皆様
【定員】100名
【参加費用】無料
【お申込方法】下記の登録サイトよりお申し込み下さい。
http://www.trustedcomputinggroup.org/jp/jrfworkshop/registration
【お申込期間】
10月5日(火)〜 お申し込みは定員がいっぱいになり次第終了させて頂きます。
【注意事項】
・登録内容の変更は10月29日(金)までにご連絡下さい。
・お申し込み状況により、募集人数を大幅に超えて応募された企業様には、参加人数
をご調整いただく場合があります。
・応募人数が大幅に超えた場合、お申し込み頂いた後お断りする場合もございますの
で、ご理解の程お願い致します。

【アジェンダ】
■13:15 開会挨拶
竹井 淳 TCG日本支部(JRF)Co-Chair/インテル (株)
■13:30 HDD暗号化に関する要求/Regulation
TBD
■14:00 OPAL 仕様のHDD
□「歴史的背景、要求と現在の状況」
宮口 康宏 レノボ・ジャパン(株)
ノートブック研究所
サブシステム技術機構・ストレージ技術 主任開発担当部員 TE
□「HDD暗号のメリット、Opal SSC
(Security Subsystem Class)の特徴と仕様の概要」HDD暗号のメリットと、
TCGによって策定されたHDDのためのOpal SSC(Security Subsystem Class)
について、その特徴と仕様の概要をわかりやすく、2社のHDDベンダーから
説明します。
中島一雄 (株)東芝 ストレージプロダクツ HDD事業部
ビジネス開拓部 参事
渡部 善寿 (株)日立グローバルストレージテクノロジーズ
ファームウェア開発部 主任技師
■15:15 休憩
■15:30 PCでの活用事例
「PC実装に必要な対応項目、ソリューション例」
PCベンダの立場から、Opal HDDに関して、PC実装に必要な対応項目および
ソリューション例を紹介します。
矢崎 孝一 (株)富士通研究所
ヒューマンセントリックコンピューティング研究所
パーソナルシステム研究部
■16:00 ネットワークを通したOPAL 集中管理
「PCクライアント機能の実現、エンドポイントセキュリティソリューション、
組込み機器への必要性」
以下3つのポイントにおいて紹介します。
-TCG Opalに対応したPCクライアント機能の実現
-TPMやTCG Opalに対応したエンドポイント・セキュリティ・ソリューション
-組込み機器へのTCG Opalの必要
相澤 智樹インサイトインターナショナル(株) 代表取締役社長
■16:30 パネルセッション、Q&A
竹井 淳 TCG日本支部(JRF)Co-Chair/インテル (株)
■17:45 閉会挨拶
小谷 誠剛 TCG常任理事、日本支部(JRF)Co-Chair、HCWG Co-Chair
米国富士通研究所

※上記プログラムは現段階のもので変更する場合もございます。
----

--
munetoh

_______________________________________________
Japan secure operating system users group
users-ml@xxxxx
http://lists.sourceforge.jp/mailman/listinfo/jsosug-users

投稿者 xml-rpc : 2010年10月20日 10:45
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/99283
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。