2012年2月20日

[installer 3109] ruby-1.8.7-p358, 1.9.2-p318, 1.9.3-p125

ruby-1.8.7-p358, 1.9.2-p318, 1.9.3-p125 出ています。

セキュリティホールの修正が含まれています。
http://www.ruby-lang.org/en/news/2012/02/16/security-fix-for-ruby-openssl-module-allow-0n-splitting-as-a-prevention-for-the-tls-beast-attack-/

☆ ruby-1.8.7-p358
http://www.ruby-lang.org/
ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p358.tar.gz


☆ ruby-1.9.2-p318
http://www.ruby-lang.org/
ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.9.2-p318.tar.gz

☆ ruby-1.9.3-p125
http://www.ruby-lang.org/
ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.9.3-p125.tar.gz

http://www.ruby-lang.org/ja/news/2012/02/16/ruby-1-9-3-p125-/ より
Ruby 1.9.3-p125 リリースRuby 1.9.3-p125 がリリースされました。

このリリースには Ruby OpenSSL 拡張ライブラリへのセキュリティフィックス
が含まれています。また、たくさんのバグが修正されています。

== Fixes

o TLSの脆弱性に対する攻撃(TLS BEAST攻撃)対策のためのOpenSSL機能、
"0/n splitting"を利用できるようにしました。
o 修正: LLVM/clang サポート [Bug #5076]
o 修正: GCC 4.7 サポート [Bug #5851]
o その他のバグ修正

----
こがよういちろう


投稿者 xml-rpc : 2012年2月20日 09:48
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/108794
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。