2011年4月12日

[installer 2755] milter-manager-1.6.7

milter-manager-1.6.7 出ています。

☆ milter-manager-1.6.7
http://milter-manager.sourceforge.net/
http://sourceforge.net/projects/milter-manager/
http://sourceforge.net/projects/milter-manager/files/

== [release-1-6-7] 1.6.7: 2011-04-08


1.6.6のバグフィックスリリースです。

=== 全体

==== 改良

* インストール時に必要のないディレクトリを作成しないように
した。
[OBATA Akioさんが報告]

==== 修正

* システムにインストールされているRuby/GLib2を検出できない
問題を修正。
[OBATA Akioさんが報告]

=== パッケージ

==== 修正

* [RPM] 依存関係を修正。
* [Debian] 依存関係を修正。
* [Debian] 起動スクリプト内での非推奨のオプションの使用を
やめた。
* [RPM] 起動スクリプト内での非推奨のオプションの使用を
やめた。

=== milter-manager

==== 修正

* [S25R] 常にmilterを実行してしまう問題を修正。

=== milter-core

==== 改良

* ログレベルを追加する"+LEVEL1|LEVEL2|..."構文を追加。
* ログレベルを削除する"-LEVEL1|LEVEL2|..."構文を追加。

=== milter-client

==== 改良

* --log-levelオプションの追加。
* --quietオプションの追加。

=== 感謝

* OBATA Akioさん

== [release-1-6-6] 1.6.6: 2011-04-07

RubyサポートとSolarisサポートを強化したリリースです。

=== 全体

==== 改良

* 必ずバンドルしているRuby/GLib2を使う
--with-bundled-ruby-glib2 configureオプションを追加。
* Solaris対応。

=== ドキュメント

==== 修正

* [Debian] 設定からGROUP=postfixが抜けていたことを修正。
[Jordaoさんが報告]

=== パッケージ

==== 改良

* Solaris対応。
* Fedoraのバージョンを13から14へアップ

=== milter-core

==== 改良

* デフォルトでwarningレベルもログ出力するようにした。
* デフォルトでstatisticsレベルもログ出力するようにした。
* デフォルトでmessageレベルもログ出力するようにした。
* 統計ログをsyslogに出力するときはLOG_INFOレベルではなく、
LOG_NOTICEレベルを使うようにした。

==== 修正

* 読み込みエラー時のメモリリークを修正。

=== milter-manager

==== 改良

* データベース接続対応。
* 接続元がIPv6を利用している場合はデフォルトではS25Rを無効
にするようにした。s25r.check_only_ipv4=でカスタマイズ可
能。
* --n-workersオプションの追加。
* --event-loop-backendオプションの追加。
* 設定ファイル内でのログ関連の設定に対応。

==== 修正

* 設定ファイルを再読みするとクラッシュする問題を修正。
[Kenji Shionoさんが報告]

=== libmilter-compatible

==== 改良

* 環境変数でのイベントループバックエンドのカスタマイズに対
応。
* MILTER_EVENT_LOOP_BACKEND=libev -> libevを使用
* MILTER_EVENT_LOOP_BACKEND=glib -> GLibを使用(既定値)

=== milter-test-client

==== 改良

* --pid-fileオプションの追加。
* SIGTERMによる終了に対応。

=== milter-test-server

==== 改良

* --envelope-fromオプションの追加。
* --fromオプションを非推奨にした。
* --envelope-recipientオプションの追加。
* --recipientオプションを非推奨にした。
* --connect-macroオプションの追加。
* --helo-macroオプションの追加。
* --envelope-from-macroオプションの追加。
* --envelope-recipient-macroオプションの追加。
* --data-macroオプションの追加。
* --end-of-header-macroオプションの追加。
* --end-of-message-macroオプションの追加。
* 日本語の結果本文出力に対応。

=== milter-report-statistics

==== 改良

* Solaris対応。
* --pidオプションの追加。
* --pid-directoryオプションの追加。

=== Ruby milter

==== 改良

* --maintenance-intervalオプションの追加。
* --run-gc-on-maintainオプションの追加。
* --environmentオプションの追加。
* --max-file-descriptorsオプションの追加。
* --pid-fileオプションの追加。
* Milter::ClientSession#delete_headerの追加。
* Milter::ClientSession#insert_headerの追加。
* Milter::ClientSession#replace_bodyの追加。
* Milter::ClientSession#change_fromの追加。
* Milter::ClientSession#add_recipientの追加。
* Milter::ClientSession#delete_recipientの追加。
* Milter::ClientSession#delay_responseの追加。
* Milter::ClientSession#progressの追加。
* Milter::ClientSession#discardの追加。
* Milter::EventLoopの追加。
* 設定ファイル対応。
* Milter::SocketAddress#ipv4?の追加。
* Milter::SocketAddress#ipv6?の追加。
* Milter::SocketAddress#unix?の追加。

==== 修正

* 終了時にクラッシュする問題を修正。

=== 感謝

* Jordaoさん
* Kenji Shionoさん

----
こがよういちろう


投稿者 xml-rpc : 2011年4月12日 10:30
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/103165
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。