2010年8月12日

[installer 2473] milter-manager-1.6.0

milter-manager-1.6.0 出ています。

☆ milter-manager-1.6.0
http://milter-manager.sourceforge.net/
http://sourceforge.net/projects/milter-manager/
http://sourceforge.net/projects/milter-manager/files/

== [release-1-6-0] 1.6.0: 2010-08-11


安定版1.6.x系最初のリリースです。

=== milter manager

==== 改善

* Postfixのcidr_table(5)とregexp_table(5)のパーサを追加:
PostfixCIDRTable, PostfixRegexpTable

== [release-1-5-3] 1.5.3: 2010-08-03

1.5.x最後のリリースです。(予定)

=== ドキュメント

==== 改善

* ((<Rubyでmilterを開発するためのチュートリアル
|ruby-milter-tutorial>))を追加。
* ((<SocketAddress#to_ip_address|configuration#to-ip-address>))
の説明を追加。

=== milter manager

==== 改善

* ネゴシエーションに失敗した場合にも結果を返すようにした。
* デフォルトのタイムアウト時間を短くした。これまではMTAと
同じ時間になっていたが、それではタイムアウト時にMTAに結
果を返せないため。
* コマンドランチャーをsyslogに対応させた。
* 適用条件追加
* ((<Trust|"doc/configuration.rd.ja#trust">))
* Solaris対応。[さとうふみやすさんがパッチ提供]

=== milter manager admin

==== 改善

* Rails 2.3.8対応

=== milter-test-server

==== 改善

* ((<--color|milter-test-server#--color>))オプションの追加。
* ((<--threads|milter-test-server#--threads>))オプションの追加。

=== milter-core

==== 改善

* デフォルトでエラーと致命的なログを出力するように変更。

=== Ruby milter

==== 改善

* --user, --gorup, --unix-socket-group,
--unix-socket-mode, --syslog, --library-version オプショ
ンを追加。
* サンプルとしてmilter-test-clientのRuby実装を追加。
* サンプルとしてmilter-regexp.rbを追加。

=== 感謝

* さとうふみやすさん

== [release-1-5-2] 1.5.2: 2010-05-29

1.5.1のバグフィックスリリースです。

NO_REPLY_*を利用するmilterやmilter-greylist 4.3.xと一緒に使っ
ている開発版ユーザはアップデートすることをおすすめします。

=== ドキュメント

==== 改善

* ((<利用可能なmilter|available-milters>))の一覧を作成。
* milter-greylistのおすすめ設定を更新

=== milter manager

==== 改善

* S25Rの((<ホワイトリストのカスタマイズ
|"doc/configuration.rd.ja#s25r.add_whitelist">))・((<ブラッ
クリストのカスタマイズ|"doc/configuration.rd.ja#s25r.add_blacklist">))
をサポート。

=== milter-manager-log-analyzer

==== 改善

* milter-greylist 4.3.xに対応

=== milter-toolkit

==== 改善

* inet_aton()/inet_ntoa()の代わりにinet_pton()/inet_pton()
を使用。[さとうふみやすさんが提案]
* NO_REPLY_*のサポート。 [ROSSOさんが報告]

=== 感謝

* さとうふみやすさん
* ROSSOさん

== [release-1-5-1] 1.5.1: 2010-04-20

1.5.0のバグフィックスリリースです。

同梱しているRuby/GLib2を更新したので、Ruby/GLib2内で起こって
いたメモリリークが修正されています。同梱しているRuby/GLib2を
使っている場合はアップデートを推奨します。

=== ドキュメント

==== 改善

* Ubuntu Karmic Koara用の開発版インストールドキュメントを
追加
* 明示的にRackをインストールする記述を追加 [土谷さんが報告]

==== 修正

* FreeBSD: パッケージ名の修正 [土谷さんが報告]

=== libmilter-core

==== 改善

* MILTER_LOG_SYSLOG_LEVEL環境変数でsyslogに出力するログの
種類を変更可能にした
* メモリプロファイラを追加

=== milter manager

==== 改善

* Solaris対応 [さとうふみやすさんが報告・パッチ提供]
* Ruby/GLib2 0.19.4を同梱

=== milter-test-client

==== 改善

* ((<--report-memory-profile|milter-test-client#--report-memory-profile>))
オプションの追加。

=== 感謝

* 土谷さん
* さとうふみやすさん

== [release-1-5-0] 1.5.0: 2010-03-29

開発版リリースです。

=== ドキュメント

==== 改善

* Debian GNU/Linux・Ubuntu用ドキュメント
* 不必要なグループ変更の記述を削除 [西山さんが提案]
* CentOS用ドキュメント
* よりインストールの簡単なYumを利用した記述へ変更
* FreeBSD用ドキュメント
* CFLAGSではなくCPPFLAGSを使うように変更
* の対象バージョンを7.2-RELEASEから8.0-RELEASEに変更

==== 修正

* FreeBSD用ドキュメント
* pwコマンドのオプションを修正

=== milter manager

==== 改善

* Debian GNU/Linux用のinitスクリプト
* statusをサポート [西山さんが提案]
* 必要になるまでパラメータチェックを遅延 [西山さんが提案]
* 不必要な依存関係を削除 [西山さんが提案]

* [#2921072] 冗長ログモード時に読み込んだ設定ファイルのパ
スを表示 [Antuan Avdioukhineさんが提案]
* [#2921072] 設定を変更したファイルと行を表示
[Antuan Avdioukhineさんが提案]
* [#2921078] 子milterなしの動作をサポート
[Antuan Avdioukhineさんが提案]

* 設定項目追加
* ((<remove_milter|"doc/configuration.rd.ja#remove_milter">))
* ((<manager.connection_check_interval|"doc/configuration.rd.ja#manager.connection_check_interval">))
* ((<manager.define_connection_checker|"doc/configuration.rd.ja#manager.define_connection_checker">))
* ((<manager.use_netstat_connection_checker|"doc/configuration.rd.ja#manager.use_netstat_connection_checker">))
* ((<manager.report_memory_statistics|"doc/configuration.rd.ja#manager.report_memory_statistics">))
* ((<manager.maintained|"doc/configuration.rd.ja#manager.maintained">))
* ((<stress.threshold_n_connections|"doc/configuration.rd.ja#stress.threshold_n_connections">))
* ((<stress.threshold_n_connections=|"doc/configuration.rd.ja#stress.threshold_n_connections=">))
* ((<remote_network.add_local_address|"doc/configuration.rd.ja#remote_network.add_local_address">))

* 適用条件追加
* ((<No Stress|"doc/configuration.rd.ja#no-stress">))
* ((<Stress Notify|"doc/configuration.rd.ja#stress-notify">))

* Ruby/GLib 0.19.3を同梱(FreeBSD用)
* /usr/sbin/serviceまたは/sbin/serviceがある場合はそれを利
用するように変更

* CentOSでのOpenDKIM検出に対応

* Syslogのfacility変更に対応: MILTER_LOG_SYSLOG_FACILITY環境変数を指定

* ((<manager.max_file_descriptors|"doc/configuration.rd.ja#manager.max_file_descriptors">)):
ソフトリミットだけではなく、ソフトリミットとハードリミットの両方を変更

* ((<Munin|URL http://munin-monitoring.org/>;))対応

* 高速化・メモリ使用法の改善

==== バグ修正

* FreeBSD: /etc/rc.confでプロファイルを指定していなかった
場合にOpenDKIMの検出に失敗する問題の修正 [土谷さんが報告]
* RubyのGCにより適用条件が実行されないことがある問題の修正

==== 実験的

* 条件とmilterを一度に指定できるポリシーフレームワークを追加

=== milter-toolkit

* Rubyバインディングによるmilter作成をサポート: ((<Ruby連携|ruby>))
* configureで--enable-ruby-milterオプションを指定。

=== milter-manager-log-analyzer

* 高速化(約2倍)
* SMTPクライアントの途中切断数のグラフ化をサポート

=== milter-performance-check

* オプション追加
* ((<--n-concurrent-connections|"doc/milter-performance-check#--n-concurrent-connections">)):
最大同時接続数を指定

=== milter-test-client

* オプション追加
* ((<--no-report-request|"doc/milter-test-client#--no-report-request">)):
MTAからのリクエストをダンプしない
* ((<--user|"doc/milter-test-client#--user">)):
実効ユーザを指定
* ((<--group|"doc/milter-test-client#--group">)):
実効グループを指定
* ((<--socket-group|"doc/milter-test-client#--socket-group">)):
ソケットの所有グループを指定

=== パッケージ

==== CentOS

* パッケージを分割

=== テスト

* ((<Cutter|URL http://cutter.sourceforge.net/index.html.ja>;)) 1.1.0対応

=== 感謝

* 西山さん
* 土谷さん
* Antuan Avdioukhineさん

----
こがよういちろう


投稿者 xml-rpc : 2010年8月12日 11:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/97614
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。