2010年2月10日

[installer 2237] maildrop-2.4.0

maildrop-2.4.0 出ています。

セキュリティホールの修正が含まれています。
http://secunia.com/advisories/38367/
http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=564601
参照のこと。

☆ maildrop-2.4.0

http://www.courier-mta.org/imap/
http://sourceforge.net/projects/courier/files/

2.4

2010-01-14 Josip Rodin <joy@xxxxx>

* maildrop/main.C (run): When using system authentication on
platforms where the mail directory does not use the sticky bit,
use groupid set by the set-group-id bit on the binary executable,
if any.

2010-01-12 Sam Varshavchik <mrsam@xxxxx>

* maildrop/main.C (run): In delivery mode, preserve LANG, LANGUAGE,
and LC_* environment variables from the parent.

----
こがよういちろう


投稿者 xml-rpc : 2010年2月10日 10:17
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/93163
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。