2012年5月30日

[gentoojp-users:02220] Re: USEフラグの使いかたにつきまして

早間です。
>
> 最終的にインストールするには
> gnome-base/gvfs-1.12.3
> sys-apps/util-linux-2.21.2
> dev-util/gdbus-codegen-2.32.3
> sys-fs/udisks-1.97.0-r1
> dev-libs/glib-2.32.3

> がインストールされなければならず、USEフラグには"~amd64"をつけなさいとい
> うことなのでしょうか?

結論は /etc/portage/package.keywords を編集して(無ければ作成して)
=gnome-base/gvfs-1.12.3 ~amd64
=sys-apps/util-linux-2.21.2 ~amd64
=dev-util/gdbus-codegen-2.32.3 ~amd64
=sys-fs/udisks-1.97.0-r1 ~amd64
=dev-libs/glib-2.32.3 ~amd64
を記入しないと xfce-base/thunar に必要なパッケージが足りないので
xfce-base/thunar のコンパイル・インストールは出来ない。
と云うことです。

ご存じのように portage の .ebuild ファイルには当該プログラムを
インストールするときに事前にインストールされていなければならない
パッケージと必要とされるバージョンが記入されています。
また、利用者の安全のためにパッケージには
(安全に) 利用可能 e.g. amd64 x86
(冒険的に)利用可能 e.g. ~amd64 ~x86
とフラグが付けられています。
orbital さんがインストールを試みられた xfce-base/thunar に必要な
パッケージの中で ~ の付いていない (安全に) 利用可能なパッケージは
自動的にコンパイル出来るのですが、 (冒険的に)利用可能なパッケージ
のインストールは利用者が明示的に許可を与えなければなりません。
許可が
/etc/portage/package.keywords への記入により与えることが出来る。
と云うことです。

-- 早間


投稿者 xml-rpc : 2012年5月30日 17:19
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/110684
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。