2011年11月 8日

[gentoojp-users:02201] Re: [gentoojp-users:02200] Re: mount の動作

こんにちは.

> 危険度とは「予測不能性」にあります。
> 一瞬にして /dev が消えてしまったとすれば、何が起きるのでしょう。
> 表示だけならば、嘘の表示になります。
> なぜ、パニックにならないのか疑問に思います。

既に御分かりの通り,/devは消えておらず,見えなくなっているだけです.

故に,/devが消えた様に見えるのは嘘の表示ではありません.
逆に,/devが見えていたら,嘘の表示です.
如何なる誤操作が行われてもユーザーをパニックに陥れてはならない,と言う仕様がどこかにあるのでしょうか?
仮にその様な暗黙の仕様があるのだとしたら,それを満たすのはかなり難しいだろうと思います.
もし私が間違えてrm -rf /を実行してしまったら,「なんてこった」とかのたまいつつ,目の前のキーボード
をバシバシ叩き,マウスを思わず投げてしまうかもしれませんが,それとrmの仕様は関係ありません.

> コマンドの実行結果の必然性は「明示」されてこそ効力を発生するものです。
> 「内規」で 機能が決定されているものはブラックボックスです。

「明示」が「マニュアルに明示」を意味している様ですが,オープンソースなモノに
『ソースコードは「内規」であり,これこれこう言う場合の動作が「マニュアルに明示」
されていないから,コイツはブラックボックスだ』は,主張としては,ちと酷かなと思います.

> マニュアルに記述のない機能が他の機能から類推出来るものならまだ良い
> でしょうが、青木さんのような能力の高い方が直接ソースプログラムを解
> 析されて何が起こるかを判断しなければならないような機能が特別の指定
> もなく動いてしまうと云うのは不発弾のように危険きわまりない存在です。

下記にも述べますが,これは「マニュアルに記述のない機能」です.
そして,「貴方の様な能力の高い方々はマニュアル無しで対処出来るかもしれないが,
我々はそうではない.だから,貴方の様な能力の高い方々は,
我々の様なそうでない人達の為に,マニュアルを整備すべきだ」と言う主張は,
或る意味,理にかなっていますし,気持ちは分かりますし,そうあるべきかもしれません.
しかし,現実と理想は別物です.誰しも現実を理想に近づけたいでしょう.
そして,反対側からみた理想は大方,以下の様な主張でしょう.
「我々はマニュアルの不足をソースコードから補う事が高い能力だとは思っていないが,
そうではない方々もいるらしい.だから,そう言う方々も,我々と同じ様にソースコードを見ればいい」
どちらが正しいとは申せませんが,私個人としては,全体的なレベルを引き上げる効果が見込める後者を支持します.

> マニュアルは開発者が利用者に対して行う約束です。
> ユーザはマニュアルを頼りにコマンドを使用しています。
> # mount /xxx
> と指定した場合には fstab 中にあらかじめ定義したマウントポイント
> /xxx にあらかじめ定義された装置がマウントするとあります。
>
> # mount /dev
>
> と実行された場合どこの定義に従って何がマウントされるのでしょう。

「マニュアルは開発者が利用者に対して行う約束」と言われますが,私は,
「まぁ,そうかもしれんけど,漏れや嘘は無い方が有り得んよね」と思う現実派です.
実際,man mountを見ると,

If only directory or device is given, for example:
[もし,ディレクトリもしくはデバイスのみが指定された場合,例えば:]

mount /dir

then mount looks for a mountpoint and if not found then for a device
in the /etc/fstab file.
[mountは/etc/fstab内のマウントポイントを探し,これが見つからなかった場合は/etc/fstab内のデバイスを探します.]

とあり,/etc/fstabにマウントポイントもデバイスも無かった場合はどうなるのか,記述されていません.

> 青木さんの説明だと /dev に tmpfs を新たに作成して ?マウントしてい
> るので発生していると言うことです。
> tmpfs 使用することで持ち込まれた現象が合目的に可用性を高めると言
> うことでしょうか。現象を確認していませんが、/dev の内容が無くなる
> と云うことは「大停電」です。もし、見えなくなるだけなら不要な機能で
> す。
> /dev を従来の方式から変更したときに持ち込んだ問題点だと思います。

devtmpfs + udevに関しては,色々炎上していた事もちらほら聞いています.
それが,「合目的に可用性を高める」とは断言出来ませんが,コミュニティでの
flame warの後の合意形成の結果,devtmpfs + udevが主流になっています.
/devが見えなくなるのが「大停電」かどうかは分かりませんが,不要な機能
ならば使わなければ良いのでは無いでしょうか?
どこかの誰かが何時か起こすかもしれないの誤操作を防止する為に,
どこかの誰かが何時か使うかもしれない機能を削ぎ落とすと言う決定には,
それなりの根拠が必要です.

投稿者 xml-rpc : 2011年11月 8日 14:52
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107166
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。