2009年7月 2日

[gentoojp-users:02148] Re: USBドライブの自動マウント

五十嵐です。

>> gnomeだとすると、udev、hal、policykitが自動マウントの可否に影響
>> します。さらに新しめのgnomeだとdevicekitや
>> devicekit-disksが絡んできます。
>
> 話が脱線しますが,udev以外の利点があまり理解出来ていないのですが啓蒙書
(?)はありますか? :)


啓蒙書の存在は知りません;-)
freedesktop.orgのサイトにすこーしあった気がします。

私の認識では、

halは、Xのレイヤから見て、デバイスを抽象化するために設けられたものです。
Xはudevの仕組みがあるlinux以外のBSD系やSolarisでも動作する必要があります。
ですが、halの設計自体にいろいろ問題があることがわかってきました。
けど、依存するものが多いため、急にはやめられない。
例えば新しめのXのインプットデバイスPnP機能は、halに依存しています。

policykitは、スーパーユーザじゃないと実行できない操作を一般ユーザ権限で
実行するために、実行形式の実行権限よりも細かい粒度で設定できることを
目的に設けられています。(という私の認識です。)

policykitとhalはdbusを使ってプロセス間通信をします。
dbusは、設計も実装も評価が高いです。
halの問題点を解決すべく、policykitとうまく連携する
devicekit群の開発がRedhatの開発者によって開始されたという感じ
だと思ってます。

--
igarashi@xxxxx


投稿者 xml-rpc : 2009年7月 2日 20:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/86344
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。