2009年6月 6日

[gentoojp-users:02137] Re: minimal installを用いた緊急立ち上げ環境

KIMURAさん

こんにちは、早速回答があって、なんか嬉しいです。

つまり、
1.カーネルオプションcdrootはsquashfsのありかを示す
2.必須ファイルlivecdは
> catalystのsanity check用のスタブか何かじゃないでしょうか?

> dev-util/catalystのソースを持ってきてgrepすれば分かると思います.
 /(^-^;\ 根性を蓄えてやってみます。
3.シャットダウン時のbusyメッセージはroで再mountした後に
 umountできないってことですよね。slowusbを付けてみましたが、
 症状は同じでした /(T-T)

ご助言いただき、ありがとうございました。

# つーか,緊急立ち上げ環境ってなんだ? :)
についてですが、カーネルのコンパイルや/etc内の整理など、
カット&トライでいじっているうちに、どうにも動かなくなることが
あって、どーにかならないかと。。
もちろん、minimal-CDそのものを使ってCD-ROMからブートすれば、
だいたいは何とかなりますが、CDを取り出したり、CD-ROMブート
のためにBIOSの起動順番を変えたりするのが面倒で。。
minimal-CD内のファイルでgrubブートであれば、メンテナンス面
でも、楽ができそうです。。


投稿者 xml-rpc : 2009年6月 6日 16:38
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/85661
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。