2012年7月 6日

[debian-users:56293] SSD移行で苦労してます

先日、インテルのSSD 330シリーズ 120Gを買ったのですが、使おうと思っていたマックでは認識されなかったのでサーバーに使うことを思いつきました。
しかし、現サーバーのHDD容量は160G、SSDは120G。ddコマンドでクローンしようにもできない状況です。そこで、GPartedというLinuxベースのパーティションエディタをみつけて来てパーティションサイズを縮小してSSDの方にコピーしました。このソフトはすこぶる便利で、システムもうまく起動したのですが、これまでのRAIDカードを認識してくれなくなりました。

RAIDカードは便利なので捨てるのがもったいなく、SSDでも使用したいのですが、うまくいかない状況です。調べたところ、MBR(マスターブートレコード)にRAIDカードが特有の命令を書き込んでいるらしく、GPartedではMBRが書き込まれているディスクシリンダの先頭部分の情報までそっくりコピーできないことが原因でした。それに、GPartedではパーティションの位置や大きさを変えた時にMBRに登録されているパーティション情報を、それに合わせて変更してくれないので、最後の仕上げにMBRの修復が必要です。修復するとRAIDカードが書き込んでいた情報は消えるので、そのディスクはRAIDカードでは使えないということになります。

パーティションの位置や大きさを編集した場合にコピー元のMBRも同様にコピーしてくれて、MBRに含まれるパーティション位置情報も同期してくれるような便利なソフトはないものでしょうか。

まあ、こういうことに時間をかけるなら180GのSSDを買ってddコマンドする方がかえって安くつくかもしれませんが。

投稿者 xml-rpc : 2012年7月 6日 18:30
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/111149
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。