2012年7月 3日

[debian-users:56261] Re: XS35V3(squeeze amd64) での音声出力について

伊坂殿

坂野です。

返信が、遅れて申し訳ありません。

正直、実力不相応のことをしているようで、
やっぱり、外してしまったかもしれません。


よく考えたら、あの方法は、PCの場合には
depmod などのコマンドが実行してしないといけないですね。

うまくいかないときに、復旧が困難になりそうなので、
お手数ですが、一旦、元の状態に戻して、頂けないでしょうか。
(やっぱり、カスタムカーネルパッケージを作るしかないのか ???)

それと、/var/log/dmesg の内容を送って頂き、ありがとうございます。

下記のように、HDMIの項目が出てくると、aplay -l や aplay -L にHDMI の内容が出てくると思います。

[ 6.069685] snd_hda_intel 0000:00:1b.0: PCI INT A -> GSI 22 (level, low) -> IRQ 22
[ 6.069736] snd_hda_intel 0000:00:1b.0: setting latency timer to 64
[ 6.643418] hda_codec: CX20585: BIOS auto-probing.
[ 6.644255] input: HDA Digital PCBeep as /devices/pci0000:00/0000:00:1b.0/input/input8
[ 6.728334] HDMI status: Codec=3 Pin=7 Presence_Detect=0 ELD_Valid=0
[ 6.728507] input: HDA Intel PCH HDMI/DP,pcm=3 as /devices/pci0000:00/0000:00:1b.0/sound/card0/input9
[ 6.728791] i915 0000:00:02.0: PCI INT A -> GSI 16 (level, low) -> IRQ 16
[ 6.728797] i915 0000:00:02.0: setting latency timer to 64
[ 6.785093] i915 0000:00:02.0: irq 41 for MSI/MSI-X

後、ALSA Project のsnapshotですが、ダメですね。

一方のパッケージ(alsa-driver-1.0.25.34.ge76f3.967.g8db4f) では、コンパイルが途中で止まりました。
もう一方のパッケージ(alsa-driver-1.0.25.34.ge76f3.956.g4ebf2)は、
バックポートのカーネルでは、サウンドカードが認識できず、音が出ない状態になってしまいました。
(何かバグがあるのか、Debianのバックポートのカーネルにそぐわない所があるのかも?)

安定版のカーネルでは音が出たので、まだ良かったのですが、見事にハマってしまいました。
今、元の状態に戻せれそうなところまで来ました。

以上

投稿者 xml-rpc : 2012年7月 3日 22:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/111117
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。