2012年6月28日

[debian-users:56245] Re: XS35V3(squeeze amd64) での音声出力について

伊坂殿へ

坂野です。

>
> $ lsmod | grep -i snd | sort
> snd 52458 11 snd_hda_codec_hdmi,snd_hda_codec_idt,snd_hda_intel,snd_hda_codemec,snd_hwdep,snd_pcm,snd_seq,snd_timer,snd_seq_device
> snd_hda_codec 81579 3 snd_hda_codec_hdmi,snd_hda_codec_idt,snd_hda_intel

> snd_hda_codec_hdmi 30578 0

 (中略)

> echo "8086 2880" > /sys/bus/pci/drivers/snd_hda_intel/module/bind
> が何を行なっているかわからず、何を見たらいいのか分かりません。
>

申し訳ないです。

デバイスID(正確には、ベンダーID+デバイスID)と
ドライバー snd_hda_codec_hdmi(snd-hda-codec-hdmi.ko)を
結びつかたかったのですが、やり方が間違っていたようです。

多分、aplay -L や aplay -l の出力結果に HDMIの情報 は、ないですね。

bind ではなく、new_id に書き込むのかもしれませんが、
私には、正しい方法が分かりません。

代わりに、下記の方法1)にしようかと思いますが、どうでしょうか?
2)の方法は、ちょっと、私では無理そうです。

1)ドライバー (snd-hda-codec-hdmi.ko) に書き込まれている
 使っていない他のデバイスID(リトルエンディアンの値)を
 使いたいデバイスIDに、バイナリーエディター(Ghex)で、数ヶ所書き換える。

2)ALSAのSNAPSHOTのソースをコンパイルして、
 カスタムカーネル、あるいは、カスタムモジュールを作成する。

以上


投稿者 xml-rpc : 2012年6月28日 20:37
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/111101
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。