2012年6月25日

[debian-users:56212] Re: Debian6.0.3、RAID1ファイルサーバー

河本です。

SUZUKI, Tsunehito さんは書きました:
> root~# fdisk /dev/sda -l
<中略>
> Device Boot Start End Blocks Id System
>
> /dev/sda1 1 122 975872 fd Linux raid autodetect

>
> Partition 1 does not end on cylinder boundary.
<中略>
> と、各Arrayが、閉じられていないと言うような表記が!

 "does not end on cylinder boundary"でググってもらえれば分かるよう
に、シリンダ境界がまたがっていると言うことなので、HDDの異常というわ
けではありません。


> 4月に、(故障時のために)sdbにもGRUBをinstallしておこうと。
>
> 1)sdaをはずし、sdbで起動 --> 当然、起動せず。
>
> 2)sdaをもどし、sdaのみで起動 --> 異常なく起動
>
> 3)以下、試みるも、うまくいかず中止し、sda、sdb 戻した。
>
> debian:~# grub
> grub> device (hd0) /dev/sdb
> grub> root (hd0,1)
> Filesystem type is ext2fs, partition type 0xfd
> grub> install /grub/stage1 (hd0) /grub/stage2 p /grub/menu.lst
> grub> quit

 ここで、片肺ずつで起動したことにより、RAIDの世代が食い違い、sdbが
アレイから外れたと思われます。
 私は、MBRへの書き込みに"setup (hd0)"を使用するのですが、これだとど
うなりますか(もし、試せれば)。

 ログを探せば("zgrep mdadm /var/log/daemon.log*"とかで)残っていると
思いますが、4月なのでデフォルトの保存期間だと消えているでしょう。


> 機能していない「sdb」を復活させるのは、
>
> http://myct.jp/wiki/?Debian%E3%81%A7RAID1
>
> のように、「ディスク障害時の対応」になるのでしょうか?

 そうですね。
 いまのsdbを使用するのであれば、パーティションの変更は不要なのでそ
のままアレイに追加するだけです。


--
----------------------------------------------------------------------
(株) ケイ・シー・シー TEL:03-5646-9125
河本陽一 <komoto.yoichi@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2012年6月25日 14:25
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/111069
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。