2012年6月21日

[debian-users:56204] パッケージ「libunicap2」「libunicap2-dev」に含まれる共有ライブラリについて

みなさま初めまして。坂本と申します。

この場でこう言うのも心苦しいのですが、普段はUbuntuを使っています。挙動が
ちょっと気になるパッケージがあったので状況を調べてバグ報告を考えていたと
ころ、Ubuntuのメンバーからdebianのsidにバグ報告したほうがよいとのアドバ
イスを受けました。わたし自身はdebianへのバグ報告は初めてなので、debian-
jpのみなさんに教えていただければと思い、投稿しました。

どういうバグ(と思われること)かと言うと、以下の2つです。
1. パッケージ「libunicap2-dev」が共有ライブラリを含む
2. パッケージ「libunicap2」に含まれる共有ライブラリが、上記共有ライブラ
リを使う場合がある
3. 結果、「libunicap2-dev」がインストールされていなければ機能制限が出る
バイナリを含むパッケージがある(わたしの確認した限りLiVESがこれにあたり
ます)

なお、この現象はUbuntu 12.04のi686/amd64両方で再現しています。

以下にこの問題を再現するためのサンプルプログラムを投稿しました。
[ubuntu-jp:4165] すでにビルドされているバイナリーの挙動が、ライブラリの
開発用パッケージのありなしで変わる問題
https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-jp/2012-June/004164.html

もし「libunicap2-dev」に共有ライブラリが含まれるのが当然なのであれば、そ
の旨がcontrolファイルのDescriptionフィールドに書かれていたほうが良いよう
に思いますが、現状は「This package contains the development headers and
static libraries for unicap.」とあり、共有ライブラリに関する言及はありま
せん。

目的は、「開発用パッケージに共有ライブラリが含まれていて、かつそれに関す
る記述がcontrolにない」というタイトルでdebianにバグ報告をすることです
が、そもそもこれがバグにあたるのかどうか、私自身がパッケージングや開発環
境に詳しくないので判断しかねているところです。

みなさんにお力添えいただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。


坂本 貴史
o-takashi@xxxxx


投稿者 xml-rpc : 2012年6月21日 00:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/110987
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。