2012年6月 8日

[debian-users:56176] Re: 質問: 「Debianフリーソフトウェアガイドライン」と「フリーソフトウェアの定義」

堀内です。

> 「Debianフリーソフトウェアガイドライン」は、なぜ必要だったのでしょうか。
> 「フリーソフトウェアの定義」だけだと、まずい点があったのでしょうか?

1 年経って話の続きを書きます。

僕が 1 年前にやった、つい最近までしていた勘違いは、FSF が言うフリーフト

ウェアの定義は、DFSG より *緩い* というものです。

Bruce Perens に聞くことは実現できていませんが、debian-legal などに聞いて
わかってきたのは、FSF の定義の方が緩いということは特にない、あったとして
も重要ではない、ということです。

そんなことより、例えば GFDL がらみで問題になったのは、ドキュメントはフ
リーソフトウェアかどうかということに関する、FSF と Debian Project の見解
の相違だそうです。FSF はドキュメントはフリーソフトウェアだと見做していま
せん。実際 GFDL されたドキュメントは、FSF が言う *第 3 の自由* さえ満た
しません。

この世界で何が起こっているのを知るには、ある程度生きた議論を読まないとだ
めですね。
--
堀内寛己(ほりうちひろき)


投稿者 xml-rpc : 2012年6月 8日 16:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/110749
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。