2012年5月20日

[debian-users:56152] preseedにおけるディスクパーティショニングについて

佐藤と申します。

Debian直接というよりUbuntuな話になるのですが、preseedの中身についての質問になります。
Ubuntu 12.04LTSをpreseedを用いてインストールできるようにいろいろ試しているのですが、想定通りのパーティショニングにならないため困っているところです。

現在、このようなかたちでpartmanを用いたパーティショニングを指示しています。

d-i partman-auto/expert_recipe string \

boot-root :: \
128 16 256 ext4 \
$primary{ } $bootable{} \
method{ format } format{ } \
use_filesystem{ } filesystem{ ext4 } \
mountpoint{ /boot } \
. \
5120 128 8192 btrfs \
method{ format } format{ } \
use_filesystem{ } filesystem{ btrfs } \
mountpoint{ / } \
. \
768 128 100% linux-swap \
method{ swap } format{ } \
.

この設定を8GBの仮想ディスクを用意したVirtualBoxのVM(メモリ768MB設定)向けに用意したpreseedに入れて動かしたのですが、

/dev/sda1 128MBぐらい(/boot)
/dev/sda5 約5GB(/)
/dev/sda6 約3GB

となってしまい、sda6がスワップになってます。
文献の読み間違いもあるかと思うのですが、スワップは768MB前後になるだろうし、ルート用に残り全部を使うような状態かと思ったのになってくれません。
だからといってそのあたりのpreseedのサンプルを検索すると、partman-auto/expert_recipeの部分はコメントで、全部LVMに使う設定のおまかせ状態です。

どのようにしたらいいのでしょうか。知恵をお貸しくださいませ。
アカウント部分を外した現状のpreseedファイルを末尾につけさせていただきます。

念のため、こちらで期待しているパーティション構成はこんな感じです。

* /boot用に128MB(増えても最大256MB)
* /用に最低5GB、最大で8GB
* スワップに768MB(メモリと同じ)
* ディスク容量が大きくても、全部は使わず、それぞれ指定した範囲内でしか増えない

以上です、よろしくお願いいたします。
--
佐藤 大輔 / densuke@xxxxx

== preseedのデータは以下の通りです

d-i debian-installer/language string ja
d-i debian-installer/locale select ja_JP.UTF-8
d-i keyboard-configuration/altgr select The default for the
keyboard layout
d-i keyboard-configuration/compose select No compose key
d-i keyboard-configuration/ctrl_alt_bksp boolean false
d-i keyboard-configuration/layout select 日本語
d-i keyboard-configuration/layoutcode string jp
d-i keyboard-configuration/model select
d-i keyboard-configuration/modelcode string pc105
d-i keyboard-configuration/optionscode string
d-i keyboard-configuration/store_defaults_in_debconf_db boolean true
d-i keyboard-configuration/switch select No temporary switch
d-i keyboard-configuration/toggle select No toggling
d-i keyboard-configuration/unsupported_config_layout boolean true
d-i keyboard-configuration/unsupported_config_options boolean true
d-i keyboard-configuration/unsupported_layout boolean true
d-i keyboard-configuration/unsupported_options boolean true
d-i keyboard-configuration/variant select 日本語
d-i keyboard-configuration/variantcode string
d-i keyboard-configuration/xkb-keymap select jp
d-i mirror/codename string precise
d-i mirror/country string manual
d-i mirror/ftp/directory string /ubuntu/
d-i mirror/ftp/hostname string mirror
d-i mirror/ftp/proxy string
d-i mirror/http/countries select manual
d-i mirror/http/directory string /ubuntu/
d-i mirror/http/hostname string 192.168.1.250
d-i mirror/http/mirror select CC.archive.ubuntu.com
d-i mirror/http/proxy string http://192.168.1.250:8080/
d-i tasksel/first multiselect OpenSSH server
d-i time/zone string Asia/Tokyo
pkgsel pkgsel/update-policy select unattended-upgrades
pkgsel pkgsel/updatedb boolean true
pkgsel pkgsel/upgrade select safe-upgrade
tzsetup-udeb time/zone string Asia/Tokyo

d-i user-setup/allow-password-empty boolean false
d-i user-setup/allow-password-weak boolean true
d-i user-setup/encrypt-home boolean false

d-i partman-auto/method select regular
d-i partman-auto/init_automatically_partition select ガイド - ディスク全体を使う
d-i partman-auto/expert_recipe string \
boot-root :: \
128 16 256 ext4 \
$primary{ } $bootable{} \
method{ format } format{ } \
use_filesystem{ } filesystem{ ext4 } \
mountpoint{ /boot } \
. \
5120 128 8192 btrfs \
method{ format } format{ } \
use_filesystem{ } filesystem{ btrfs } \
mountpoint{ / } \
. \
768 768 100% linux-swap \
method{ swap } format{ } \
.

d-i partman-partitioning/confirm_write_new_label boolean true
d-i partman/confirm_new_label boolean true
d-i partman-auto/disk string /dev/sda
d-i partman-partitioning/confirm_resize boolean false
d-i partman/choose_partition select finish
d-i partman/confirm boolean true
d-i partman/confirm_nooverwrite boolean true
d-i grub-installer/only_debian boolean true
d-i clock-setup/utc boolean false

# btrfsをルートに使ってることに関しては突っ込まないでください、お願いいたします…


投稿者 xml-rpc : 2012年5月20日 14:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/110531
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。