2012年3月 3日

[debian-users:56017] [Translate] [SECURITY] [DSA 2423-1] movabletype-opensource securityupdate

かねこです。
URL 等は Debian-security-announce メーリングリストの元記事を確認
ください。

------>8------------>8------------>8------------>8------------>8-
- -------------------------------------------------------------------------
Debian Security Advisory DSA-2423-1 security@xxxxx
http://www.debian.org/security/ Florian Weimer

March 02, 2012 http://www.debian.org/security/faq
- -------------------------------------------------------------------------

Package : movabletype-opensource
Vulnerability : 複数
Problem type : リモート
Debian-specific: いいえ
Debian Bug : 631437 661064

複数の欠陥が、ブログシステム Movable Type に発見されました。

特定の条件下で、"Create Entries" または "Manage Blog" 権限を持つユーザ
がローカルファイルシステムの既知のファイルを読み取ることができる可能性
があります。

ファイル管理システムにはシェルコマンドインジェクション脆弱性があります。
このうちでの最も重篤なものでは、管理スクリプトへのサイン・イン権限があ
り、ファイルアップロードが可能なユーザからの任意の OS コマンドの実行に
繋がる可能性があります。

セッションハイジャックとクロスサイトリクエストフォージェリ脆弱性がコメ
ント及びコミュニティスクリプトに存在します。リモートの攻撃者は、特定の
条件下でユーザセッションをハイジャックして、攻撃対象者のブラウザで任意
のスクリプトコードを実行可能です。

変数を適切にエスケープしていないスクリプトと、mt-wizard.cgi にクロスサ
イトスクリプティング攻撃脆弱性があります。

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、これらの問題は
バージョン 4.3.8+dfsg-0+squeeze2 で修正されています。

テスト版 (wheezy) および不安定版 (unstable) ディストリビューションでは、
これらの問題はバージョン 5.1.3+dfsg-1 で修正されています。

直ぐに movabletype-opensource パッケージをアップグレードすることを勧め
ます。

Debian Security Advisories に関する説明、これらの更新をシステムに適用
する方法、FAQ などは http://www.debian.org/security/ を参照ください。

Mailing list: debian-security-announce@xxxxx
------>8------------>8------------>8------------>8------------>8-
--
Seiji Kaneko skaneko@xxxxx
---------------------------------------------------------

投稿者 xml-rpc : 2012年3月 3日 22:31
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/108710
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。