2012年2月16日

[debian-users:55963] 第 56 回関西 Debian 勉強会のお知らせ

こんばんは.かわだです.

このメールは debian-users ML と debian-devel ML にお送りしています.

2 月 26 日(日)に行なわれる第 56 回関西 Debian 勉強会開催のお知らせです.

最新の情報については以下をご覧ください.
http://wiki.debian.org/KansaiDebianMeeting20120226


------------------------------------------------------------------------
= 第 56 回 関西 Debian 勉強会 =

関西Debian勉強会は、関西エリアでDebian GNU/Linuxのさまざまなトピック
(新しいパッケージ、Debian特有の機能や仕組み、Debian 界隈で起こった出来事などなど)
について話し合う勉強会です。

参加される方の中には、開発の最前線にいるDebianの公式開発者や開発者予備
軍の方もいるので、普段聞けないような様々な情報を得るチャンスです。
お時間が合えば、ぜひ御参加下さい。
(勉強会で話をしてみたいという方も随時募集しています)

* 日時: 2012 年 2 月 26 日 (日) 13:30 - 17:00
* 会場: 福島区民センター302号会議室
* 定員: 30 名
* 費用: 部屋代、印刷代などの諸費用を割り勘のため、500円徴収します。
* 締切り: 2012 年 2 月 24 日(金) 23:59 までに下記の参加方法で申し込みを行ってください。

== 事前課題 ==
1. chroot について知っていますか。
1. 知らない人、chroot について調べたことを記入してください。
今なら、Software Design 2012年2月号 pp72 をお勧めします。
2. 知っている人、PAM とオートマウンタの設定を触ったことはありますか?
設定を触ったことがあるかたはその内容も記入してください。

2. DebianPolicy の7章に目を通しておいてください。
http://www.debian.org/doc/debian-policy/ch-relationships.html

== 内容 ==

* Intro
* 「Autofs と pam_chroot で作るマルチユーザー環境」(担当:久保)
PC を持参される方は次のパッケージをインストールしてきて下さい。
libpam-chroot, autofs5, openssh-server
* 「emacs24で問題なく使える t-code.deb を作った話」(担当:西田)
* 月刊 Debian Policy 「パッケージの依存関係についてのルール」(担当:倉敷)

== ライセンス ==
* 提出いただいた資料、事前課題の回答は編集の上配布資料に掲載いたします。
また、内容の再利用を実施することを了承ください。
Debian 勉強会資料は GPL で公開します。

== 参加方法 ==

* Debian勉強会予約管理システムから参加申し込みをお願いします。
http://debianmeeting.appspot.com/event?eventid=3ce8ab98fc505fc3758be903ee37b2a1c3d4f92c

登録にはGoogleアカウントが必要になります。事情によりGoogleアカウントを
使えない/登録できない方は担当者まで連絡してください。

== 懇親会 ==

* 会場: ふくみ屋

== 連絡先 ==

* 担当者 かわだてつたろう Email: <<MailTo( t3rkwd AT SPAMFREE debian DOT or DOT jp)>>


投稿者 xml-rpc : 2012年2月16日 20:58
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/109048
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。