2011年12月12日

[debian-users:55831] Debianでの毛筆フォント使用法

年末と言えば、最近あまり出さなくなったけど年賀状です。
まあ、郵便局のサイトから絵柄はフリーのものが拾えます。
でもこまるのはフォントです。

最近書店で市販の比較的安価なCD/DVD付きの年賀状本等では、
WindowsとMacの両方の各種ソフトに対応したというような触
れ込みでデーターが暗号化されていない商品だと、フォント
が同梱されデーターはLibreOfficeで使えます。


そんなことで、今回日本語毛筆風縦書きをDebianでするべく
いろいろ調べたのを参考までまとめてみました。

http://wiki.debian.org/Fonts/ProprietaryJapaneseFonts
 (日本語です)

わかってしまえば、意外と簡単ですね。

でも縦書きがまっすぐ揃わなかったときには、かなり考え込み
ました。参考にしてください。

参考まで。  青木

投稿者 xml-rpc : 2011年12月12日 22:33
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107509
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。