2011年12月10日

[debian-users:55823] Re: [自己res] core-i72600とFX-8150の挙動の違いについて

渥美と申します.

その後少し話が進展しましたので,お知らせします.

> core-i7 2600/DDR3-1600 16G/SSD 120GBのマシンにDebian GNU/Linux Squeeze
> 6.0.3をインストールし,そのSSDを別のFX-8150/DDR3-1600 32Gに移して比較
> 評価を行っています.
>

> 整数演算を大量に行うあるプログラムを単独で動作させた所,
>
> core-i7 16秒
> FX-8150 24秒
>
> という結果を得ました.このプログラムを100個同時並列に動作させた所,全
> てのプログラムの実行が完了するまでに
>
> core-i7 405秒
> FX-8150 1162秒

OSをdebian squeezeからUbuntu 11.10(kernel 3.0)に変えて試した所,
同じクロックで,コアあたりの性能差は上記の通りcore-i7が1.5倍速く,コア
数に比例したスループットが出るようになりました.どうも新しいkernelでな
いと駄目なのかなという感じです.

以上,ご報告です.どうも有難うございます.

--
Kiyotaka ATSUMI, Suzuka National College of Technology
E-mail: kiyotaka [at] ka-lab.jp / kiyotaka [at] cc.suzuka-ct.ac.jp
Web: https://www.ka-lab.jp/
PGP Public Key: https://www.ka-lab.jp/pubkey/20100825.kiyotaka-at-ka-lab.jp.asc
Finger Print: 9FB0 07AC DB60 459A 8A2A 2888 FC44 9B3A 85A9 4119


投稿者 xml-rpc : 2011年12月10日 06:16
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107714
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。