2011年12月 4日

[debian-users:55805] Re: [Q]日本語manページのレンダリングで困ってます...

長南です。

ちょっと調べてみた、と言うより、試してみたので、付け足します。

わたしのメールより [debian-users:55803]
>
> $ cat myman
> #/bin/sh

>
> case "$1" in
> -*) file=$2 ;;
> *) file=$1
> esac
>
> case "$file" in
> *.gz) cmd=zcat ;;
> *) cmd=cat
> esac
>
> (echo .mso ja.tmac && $cmd $file) |/usr/bin/zsoelim |
> /usr/lib/man-db/manconv -f UTF-8:EUC-JP -t UTF-8//IGNORE |
> preconv -e UTF-8 | tbl | groff -mandoc -Tutf8 |lv -c
>
> # 最後の三行は実際には一行に書いています。こんなふうな三行でも大丈夫だ
> # と思いますが。

このスクリプトは、sid でも使えるようです。

squeeze で man -d を実行して、較べて見たところでは、man コマンドで
日本語 man page を読もうとしたとき、定位置にあるものと定位置以外の
ものでは、最初に echo .mso ja.tmac をやるか、やらないかだけが違って
います。ですから、次のコマンドでも、きちんと改行した dh.ja.1.gz の
man page を読むことができます (sid でも)。

$ (echo .mso ja.tmac && zcat dh.ja.1.gz) |man -l -

--
長南洋一


投稿者 xml-rpc : 2011年12月 4日 15:03
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107695
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。