2011年11月17日

[debian-users:55770] Re: クロスコンパイル環境でwarning

こんにちは。岩松です。

2011年11月17日13:50 Saito.k <saitoib@xxxxx>:
>
> 岩松さま
>
> すいません、Ubuntu11.04です
> なかなか聞けそうな所がなくて、こちらで聞いてしましました。

>
> arm-linux-gnueabi-g++ -print-search-dirs を見てみると
> librarys = のところがi386を指しているようです。
> ここを直すにはどうすれば良いでしょうか。

バグの詳細は見てないのですが、
編集した spec ファイルを 指定するかか、sysroot を指定するか、でしょうか。

gcc -dumpspecs > new-spec
specfile を編集
gcc -specs=new-spec foo.c
とか。

>
> ちなみに、Ubuntu11.11でarm toolchainをインストールすると、問題は解決して
> いるようです
>
> できれば、もうしばらく、11.04を使いたいんです
>

11.11 の arm toolchain を 11.04 に持ってくることはできませんか?
toolchainはtoolchain内で依存を解決できるはずなので、そのまま持ってこれると思います。
(もちろんgccのバージョン等は変わってしまいますが。)
またはgcc のみをリビルドすること(もし、直すためのパッチがあるなら当てて)で
対応可能だと思います。

岩松

--
Nobuhiro Iwamatsu
iwamatsu at {nigauri.org / debian.org}
GPG ID: 40AD1FA6


投稿者 xml-rpc : 2011年11月17日 15:19
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107412
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。