2011年10月12日

[debian-users:55706] Re: インストール時に作成した最初の一般ユーザーの削除及び変更ができない

On Fri, Oct 07, 2011 at 06:21:53PM +0900, M. Kawakita wrote:
> utimuka55様、皆様
...
> そこで/etc/groupを編集して全てのグループから????を外しました(グループ????を除いて)。
> すると解決しました。(通常通りにwhoでログインとでなければusermodが効きました)

これだけですか?自信ないけどちょっと不思議です。

$ man usermod に:
CAVEATS
You must make certain that the named user is not executing any
processes when this command is being executed if the user's numerical
user ID, the user's name, or the user's home directory is being
changed. usermod checks this on Linux, but only check if the user is
logged in according to utmp on other architectures.

Desktop環境ではいろいろユーザーのプロセスがバックグラウンドで走っていますので。。。
これにあたったのでは?

簡単な方法は、runlevel の一つをnon-Xにして、telinitしてコンソールに行き
そこでloginにrootとしたらできたと思いますよ。これがダメならブート時にROOT
プロンプトをださせてシングルユーザーでROOTに入るとOKです。

まあ、強引にするなら、エディタで/etc/passwd他を編集しちゃってもいいんですが。

青木

投稿者 xml-rpc : 2011年10月12日 01:23
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/106765
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。