2011年10月 7日

[debian-users:55684] Re: インストール時に作成した最初の一般ユーザーの削除及び変更ができない

安達です。

> すみません、情報不足でした。これはsshを通じてネットワークから直接root
> ログインしたという意味です。
これをやっておられるなら
[ctrl] + [alt] + [F1]
は不要でしたね。
LANG=C しなくてもエラーメッセージが日本語ででるのではないかな。

それで
「usermod: ユーザ ???? は現在ログイン中です」
なのですね。


> (6) 私が勝手に関連すると考えた情報を付記します。
>
> * 実は該当マシンはNISサーバーをしています。
> 関係ないかもしれませんが、NISを止めたうえで同様のトライをしてもだめでした。
NISはよく知りませんが、サーバーの/etc/passwdなどを配布するのでしょうから
サーバーの/etc/passwdを変更できないようにする必要はないはずですしね。
しかも停止してみていますから。
NISに見せかけて実は認証はLDAPだったとかはないですよね。

> * 念のためpasswd, groupのエントリを書きます。
> /etc/passwdの該当エントリ (こちらは普通だと思います)
> ????:x:1000:1000:,,,:/home/????:/bin/bash
まさに一人目のユーザーですね。


> /etc/groupで????が含まれているエントリの一番左の項目のみ列挙します。
> cdrom
> floppy
> sudo
> audio
> dip
> video
> plugdev
> netdev
> bluetooth
> scanner
> ????
これも見慣れています。
当方も知識は不足ですがlenny,Squeezeのインストール回数は
多いので見慣れています。

あとはシングルユーザーモードで
root以外ログインできない状態にして
やってみるというのはどうでしょう。

--
安達 順一
adachi@xxxxx
http://seiai.ed.jp/sys/text/


投稿者 xml-rpc : 2011年10月 7日 18:03
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/106719
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。