2011年9月 8日

[debian-users:55632] Re: SCIMの異常

長南です。

全文引用は必要ありません。前のメールは、こちらにもありますから。

それから、less .xsession-erros や im-switch -l のようなコマンドの
出力は、そのままメールに貼り付けてください。その方がそちらの状況を
知るための役に立ちます (less .xsession-errosの方は、長すぎるようなら、
scim 関係の部分だけで結構ですが)。


竹内さんのメールより [debian-users:55631]
>
> ただ、ctrl+space としても
> 右上のキーボードアイコンを蹴たぐっても
> 右下のボックスが出てこないということです。

Gnome を使っていらっしゃるんですね。

右上のキーボードのアイコンは、わたしのところでは、動作がちょっと
変です (わたしが、このアイコンの機能を理解していないからかも
しれませんが)。ですから、とりあえず今のところは、触らない方が
よいと思います。

ctrl+space は、たぶんデフォルトの日本語入力開始キーです。
右下に「Anthy あ 連」などと書いたボックスが出なくても、日本語入力が
できることもあります。竹内さんのところでは、日本語入力そのものが
不可能だったのですね。どのアプリケーションで試してみたのですか。

ついでにうかがっておきます。仮に、ctrl+space や shif+space で
右下にボックスがたまたま出たとします。その場合、ボックスには
どんな文字が表示されているでしょうか。

それから、これはどうなっていましたか。

> > Gnome をお使いなら、「システム」→「設定」→「SCIM 入力メソッドの
> > 設定」→「全体設定」で「開始/終了」のキーはどうなっているでしょうか。

> .scim とか .anthy とかを外してみたりもしましたが
> 効果はありませんでした。

ホームディレクトリの .scim ディレクトリを消せば、scim の動作が
デフォルトに戻るはずなんですが……。

竹内さんと奥さんのアカウントでは問題がないそうですから、システムには
問題がなさそうです。お子さんのホームディレクトリにある設定ファイルの
何かが、悪さをしている可能性が高いと思います。

ですから、新しいユーザを作って、設定ファイル以外をそちらに移して
しまうという手もありますけれど、まあ、それは最後の手段ですね。

これはどうなのでしょう。

> > お子様を含めて、普段 scim はどうやって起動していますか。たいていの
> > 人の場合は、特別なことを何もしないでも、X を起動すると (あるいは、
> > グラフィック・ログインをすると) 自動的に scim が (X の起動スクリプト
> > 経由で) 実行されると思うのですが。

たぶん、次のように書いていらっしゃるのは、特別なことは何もなさって
いないということなのでしょうけれど。

> im-switch -l によれば
> scimの起動のし方は
> /etc/alternatives/xinput-ja_JP
> でシステムワイドに設定されていて
> ユーザ毎の設定はされていません。

念のため、次のコマンドも実行してみてください。

printenv | grep -i IM

--
長南洋一


投稿者 xml-rpc : 2011年9月 8日 23:26
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/106197
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。