2011年8月19日

[debian-users:55598] Re: サウンドドライバの適用Tips【was: squeezeでサウンド】

On Fri, 19 Aug 2011 10:06:16 +0900
Shinichiro HIDA <shinichiro@xxxxx> wrote:

> 良かったです。

ありがとうございます。

分かったことと分からないことを書いてみます。


デフォルトで音が出ないとき、最初に ":~$ lsmod | grep snd" を実行
し、使用されているモジュール名を調べる。

# この時の出力の左側の先頭に記載されているものが、そのモジュール名
# と考えてよいのでしょうか?

alsaで使用するサウンドデバイスの認識は、":~$ man modprobe.conf"
を参照してみると、 "options modulename option..."と言う書式で
記述するよう説明されている。
記述対象は "/etc/modprobe.d/alsa-base.conf" である。
optinの指定は "/sbin/modinfo snd-hda-intel" を実行した時に
表示される parm 行を参照すること。

# 今回の"model=generic"と言うオプションは、parm行にみあたらない
# のですが、特に記述が無いときに行う指定なのでしょうか?

さらにオプションの詳細は
"/usr/share/doc/alsa-base/driver/HD-Audio-Models.txt.gz"
に記載されている。

# "/usr/share/doc/alsa-base/driver/HD-Audio-Models.txt.gz"
# にはALC887と言う記述が見当たらないのですが、こんな時はどのように
# 取り扱えばよろしいのでしょうか?

すみません。結構長いことLinuxは扱ってるんですが、サウンドとかデバイス
ドライバ関連で問題になったの初めてなんです。
というか、クライアント環境としてDebianを構築したのが初めてなので・・・
ご教示いただければ幸いです。
解説されていらっしゃるサイトの情報でも結構です。
よろしくお願いいたします。

--
Y_Kawano (zagan) <ml@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2011年8月19日 19:13
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/106008
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。