2011年8月10日

[debian-users:55574] squeezeでの無線LAN-ad-hocチャンネル設定方法

たきやまと申します

coregaのwlusb2agst(USB無線LAN)をsqueezeで使用したく奮闘しています。

inflastructure modeでは使用出来ましたが、
ad-hoc modeではチャンネル指定方法がわからず、四苦八苦しています。

どのようにしたら、ad-hocモードで使用できるようになるのかお教えください。


したこと
1:network-manager-gnomeでインフラストラクチャモードとして、その他必要
事項設定しましたら、無事使用出来ました。

2:本命のad-hoc modeの設定では、net-work-manager-gnomeではチャンネル指
定箇所ありません。

wlusb2agstをusb-ポートにさしますと
gnome画面上のパネル右上にあるネットワークコンセントのアイコン付近から
接続を確立しました、とのダイアログ現れますが、
pingをうっても反応ありません。

iwconfigすると
wlan0 IEEE 802.11g ESSID:"hogefuga"
Mode:Ad-Hoc Frequency:2.437 GHz Cell: Not-Associated
Bit Rate:54 Mb/s
Encryption key:off
Power Management:off
Link Quality:0 Signal level:0 Noise level:0
Rx invalid nwid:0 Rx invalid crypt:0 Rx invalid frag:0
Tx excessive retries:0 Invalid misc:0 Missed beacon:0

ifconfig
wlan0 Link encap:イーサネット ハードウェアアドレス **:**:**:**:**:**
inetアドレス:192.168.***.+++ ブロードキャスト:192.168.***.255 マスク:255.255.255.0
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 メトリック:1
RXパケット:0 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
TXパケット:0 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000
RXバイト:0 (0.0 B) TXバイト:0 (0.0 B)


3:/etc/network/interfacesで設定するのかと思いきや、
書き方がよくわからず、ssidが化けて、
(interfaceで書いたssidとiwconfigで現れるssidが別物になっている)
インフラストラクチャモードですら接続できません。

4:windowsからではad-hoc modeで使用できます。
ただしチャンネルautoでは接続できず、固定ch指定が必要です

環境はsqueeze:2.62.32-5-686
lanのドライバは、wlusb2gsのinfを改変して
Windows wireless driversから読み込ませました。
ndiswrapperを使用しているようです。

よろしくお願いします。

投稿者 xml-rpc : 2011年8月10日 13:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/105615
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。