2011年8月 3日

[debian-users:55541] Re: 落雷とUPSについて

椎谷さん、どうもありがとうございます。

そうですね、UPSにこだわるのじゃなくて雷ガードなどもいいかもしれません。
過大電流が流れてきたら回路を遮断する電源ダップなどもあるようです。
しかし、雷に直撃されたら遮断回路をまたいで電流が流れるかもしれませんね。
自然の力は想像を絶していますから。
はやり、避雷針を立て、そちらに誘導するのが一番かもしれませんね。

ちなみに、うちのシステムはSOHOレベルです。今時SOHOなんて言葉が通用す
るのかどうか解りませんが。ルーター、ウェブサイト、メール送受信のオールイ
ンワンです。

2011年7月31日7:44 Yukio Shiiya <shiiya@xxxxx>:
> 椎谷と申します。
>
> On Sat, 30 Jul 2011 21:53:00 +0900
> 井上かつのり <webmarch06@xxxxx> wrote:
>
>> この季節、落雷が一番気になります。直撃を受けてもマシンを保護してくれるような
>> 頑強なUPSはないものでしょうか。
>
> UPSを頑強なものにしてマシンを保護するという対策以外に、UPSを保護する何か
> を導入することによって、マシンに加えてUPS自体も保護するというアプローチ
> を考えてみても良いのではないかと思います。
> 井上さんが保護したいと思われているシステムの規模が書かれていないのですが、
> UPSが数台程度であれば、気休めにしかならないかもしれませんが、巷で市販さ
> れている安価な雷ガードをUPSの入力側にかませておくというのはどうでしょう
> か?
>
> 当方の個人自宅の環境でも直撃ではないですが以前雷の被害にあい、対策を考え
> ざるを得なくなりました。
> その一つとしてUPSを購入し、使用開始当時からサンワサプライのTAP-SP3
> (=購入金額1000円前後)という雷ガードをUPSの入力側にかませて使っています。
> (マシンはUPSによって保護されるかもしれないが、UPS自体が雷で壊れたらいや
> だなと考えたため。UPSも安くはないですし。
> このような接続にしておけば、もし雷をくらったとしても運がよければ雷ガード
> が壊れるだけで済むかなと思いまして。)
> ちなみに使っているUPSはAPCで、アースは接続していません。
> UPSの使用開始からそろそろ5年経ちますが、今のところUPSもマシンも無事運用
> できています。(雷ガードも無事。)
> もっとも幸いにも直撃を受けたことはないので、もしそうなったらどうなってし
> まうかはわかりませんが。
>
> 以上、Debianとはあまり関係なかったかもしれませんがご参考まで。
>
> --
> 椎谷 幸生 <shiiya @ sky.email.ne.jp>
>
>
>


投稿者 xml-rpc : 2011年8月 3日 01:01
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/105590
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。