2011年7月25日

[debian-users:55509] Re: クロスコンパイル環境でのmkinitrd

武藤@Debianぷろじぇくとです。

At Mon, 18 Jul 2011 11:25:21 +0900,
koyo dng wrote:
> クロスコンパイル環境で
> make の場合、ARCHやCROSS_COMPILEのオプションが使えますが
>
> initrd.imgを作る場合の、mkinitrdはどのように処理すれば良いのでしょうか?


Debianにおいて、initrd.imgは一般的にカーネルパッケージを該当マシンに
インストールした際に、自動で作成されます。
そのため、カーネルパッケージをそのような形でインストールするならば、
initrd.imgについて考える必要はありません。

しかし、組み込みシステムのように、その場でインストールして作るのではなく
最初から独自のinitrd.imgを展開して使いたいという場合には、何か適当な
ベースシステムを元にして、自力でそれを改変し、initrd.imgとしてパッキング
し直すという手順になると思います。
--
武藤 健志@ kmuto @ kmuto.jp
Debian/JPプロジェクト (kmuto@xxxxx, kmuto@xxxxx)
株式会社トップスタジオ (kmuto@xxxxx)
URI: http://kmuto.jp/ (Debianな話題など)


投稿者 xml-rpc : 2011年7月25日 11:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/105138
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。