2011年7月11日

[debian-users:55489] Re: backport をデフォルトにする

武藤@Debianぷろじぇくとです。

At Mon, 11 Jul 2011 12:58:23 +0900,
mlus wrote:
> aptのソースで、backport のレポジトリをデフォルトにしたい場合

> http://backports-master.debian.org/Instructions/ の説明を応用して

ここに「This is not necessary for squeeze-backports (これは
squeeze-backportsでは不要である)」と書かれているのは読みません
でしたか。

> /etc/apt/preferences.d/preferences ファイルを作成して、

せっかくpreferences.dと分割ファイルを用意できるようにしたので、
作るなら「squeeze-backports」とかかな。

> Pin-Priority: 200

いずれにせよ、コヤマさんが「デフォルト」と言っている状態の実際が
何かによって、答えが変わってきます。

A. -t squeeze-backportsでインストールしたものを、その後指定せずとも
upgradeでアップデートしたい場合。
lenny-backportsでは確かに上記のPINが必要でしたが、squeeze-backports
では「ButAutomaticUpgrades: yes」というフラグが付けられており、
backportsからインストールしたパッケージのアップデートについては
何も指定せずともbackportsから自動で取得されます。よって、preferences
は不要であり、むしろ変な設定は害になり得ます。

B. あらゆるパッケージについてsqueeze-backportsにパッケージがあればそれを
使うようにしたい場合。つまり、squeeze + あらゆるbackports なキメラ
システムを構築したい場合。
Pin-Priorityに500以上の数値を入れれば、新しいバージョンのパッケージ
について黙ってsqueeze-backportsから取得するようになります。
ただ、数個のパッケージ同士ならともかく、多数のbackportsパッケージを
入れたときにどうなるかはわかりません。
コヤマさんの現在の実力的にも、これは求めているものではないと思われます。

> として、reboot後に、aptitude update すれば良いのでしょうか?

PinはAPTでパッケージのインストールや削除をしようとしたときにその都度
参照されるものなので、rebootやupdateとは無関係です。
--
武藤 健志@ kmuto @ kmuto.jp
Debian/JPプロジェクト (kmuto@xxxxx, kmuto@xxxxx)
株式会社トップスタジオ (kmuto@xxxxx)
URI: http://kmuto.jp/ (Debianな話題など)


投稿者 xml-rpc : 2011年7月11日 20:17
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/105438
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。