2011年6月28日

[debian-users:55442] Re: nic driver の コンパイル

高橋 さん ご返答ありがとうございます。

> apt-cache search linux-headers
> ■以上、参考になれば幸いです。
>

カーネルに関する事なので、パッケージ名も kernelXXXXだろうと考え

aptitude search kernel-headers
aptitude search kernel

ばかりやっていました。 linux-header だったとは・・・・・

ありがとうございます。おかげさまで、e1000を無事作成できました。
これで、何とかしのげます。

コンパイルした理由は、私の使っている
SW08-GTXというコレガのハブと、82541GI をJUMBOFrameで使うと
突然ネットワーク接続が切断停止してしまうとう症状に遭ったからです。
IntelのDriverのReadMEに書かれている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
There is a known compatibility issue with 82541/82547 and some
low-end switches where the link will not be established, or will
be slow to establish. In particular, these switches are known to
be incompatible with 82541/82547:

Planex FXG-08TE
I-O Data ETG-SH8

To workaround this issue, the driver can be compiled with an override
of the PHY's master/slave setting. Forcing master or forcing slave
mode will improve time-to-link.

# make CFLAGS_EXTRA=-DE1000_MASTER_SLAVE=<n>

Where <n> is:

0 = Hardware default
1 = Master mode
2 = Slave mode
3 = Auto master/slave
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

だと思ったので、よく解らなかったのですが、
# make CFLAGS_EXTRA=-DE1000_MASTER_SLAVE=0
してコンパイルしてみました。
これでしばらく使ってみます。


投稿者 xml-rpc : 2011年6月28日 12:57
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/105099
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。