2011年6月14日

[debian-users:55394] Re: カーネルのインストールに失敗する

上田です。
武藤さん、何度もありがとうございます。

> いずれにせよ、Ubuntu環境があるということでunetbootinではなくて正規手順
> で作ってみてはどうでしょうか。

HdMediaという名前で薄々感づいてはいましたが、unetbootinを使わずにインスト
ールUSBフラッシュメモリを作成する事が出来るんですね。勉強になりました。


> 2. zcat boot.img.gz > /dev/デバイス名 (たとえば/dev/sdb。USBメモリの
> デバイス名に合わせる)
> で書き込む。
> 3.
> USBメモリを挿入し直すと、自動マウントされるはずなので、firmware-ISO
> ファイルを直下にコピー。
> 4. できあがったUSBメモリで対象環境をブート。

ご教示頂きました上の手順にてインストールUSBフラッシュメモリを作成すると、
無事に起動し、インストールする事が出来ました。
「ベースシステムのインストール」を正常に行なった後、「パッケージマネージ
ャの設定」にてネットワークリポジトリの取得に失敗していたので、
netinst CDのローカルリポジトリのみを使用する事で、最後までインストールを
行う事が出来、ハードディスクからの起動をする事も出来ました。

武藤さんのおかげです。本当にありがとうございました。

さて、必要なパッケージをインストールしている最中に気付いたのですが、どう
もWiFiのコネクションが勝手に切断されているようです。
同じ無線LANルータをアクセスポイントとして使っているスマートフォンやUbuntu
では、ここまで切断される事がなかったのでまさか切れているとは思いませんで
した。
無線LANルータ側の問題か、ハードウェアの問題か、ドライバの問題かは分かり兼
ねますが、少なくともインストール時には

1.ネットワークの設定でNICの検出、ドライバを要求
2.firmware-iwlwifiパッケージの認識、NICの動作開始
3.DHCPでIP取得成功、時刻合わせ成功
4.ベースシステムのインストール、ファイルコピー中
5.ネットワークリポジトリが見つからず、カーネルのインストール失敗

数十秒を要する4の途中で、毎回、WiFiコネクションが切断されていたみたいです

今回、インストールが成功したのは、どうも切断される前にカーネルインストー
ルまで行けたからのようです。(その後のパッケージマネージャの設定にて、ネッ
トワークリポジトリを選択する箇所では何度も失敗しましたし)

sshクライアントなど、KeepAliveしてくれたり、定期的にトラフィックが発生す
るものを起動しておくと、数分以上はコネクションが維持されている状態が続き
ます(結局、切断されますが。。。) 無通信状態が続いたら、2、30秒ほどで切れ
ているみたいです。

WiFiのコネクションが切断される件は、改めて調べて試行錯誤したいと考えてお
りますので、「インストールが失敗していた理由を述べただけ」とお考えくださ
い。ありがとうございました。

投稿者 xml-rpc : 2011年6月14日 09:48
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/104361
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。