2011年6月13日

[debian-users:55388] Re: カーネルのインストールに失敗する

武藤@Debianぷろじぇくとです。

At Sun, 12 Jun 2011 23:43:53 +0900,
上田 すみれ wrote:
> お伝え出来ていなくてごめんなさい。私はUbuntu11のunetbootinを使っています
> 。

> ご教示頂きました手順にて、空のUSBフラッシュメモリにDebianのStable_HdMedia

> にて作成し、firmware-6.0.1a-i386-netinst.isoをルートディレクトリにコピー
> しました。
>
> $ ls usb -a
> ./ ../ firmware-6.0.1a-i386-netinst.iso ldlinux.sys menu.c32
> syslinux.cfg ubninit ubnkern
>
> このUSBフラッシュメモリで起動を行なったところ、
> This is not a bootable disk. Please insert a bootable floppy and press any
> key to try again ...

あれ。一見すると構成や手順的にはあっていそうなはずなんですけどね。
いずれにせよ、Ubuntu環境があるということでunetbootinではなくて正規手順
で作ってみてはどうでしょうか。

0. USBメモリをUbuntu環境に挿入し、マウント自体は解除しておく(/dev/sd*として
は残るようにする)。
1. i386アーキテクチャということなので、
ftp://ftp.jp.debian.org/debian/dists/squeeze/main/installer-i386/20110106+squeeze1/images/hd-media/boot.img.gz
をダウンロード。
2. zcat boot.img.gz > /dev/デバイス名 (たとえば/dev/sdb。USBメモリの
デバイス名に合わせる)
で書き込む。
3. USBメモリを挿入し直すと、自動マウントされるはずなので、firmware-ISO
ファイルを直下にコピー。
4. できあがったUSBメモリで対象環境をブート。
5. ファームウェアを聞かれたらそのままEnterを押せば内部のfirmware-ISOから
読む、はず…。
--
武藤 健志@ kmuto @ kmuto.jp
Debian/JPプロジェクト (kmuto@xxxxx, kmuto@xxxxx)
株式会社トップスタジオ (kmuto@xxxxx)
URI: http://kmuto.jp/ (Debianな話題など)


投稿者 xml-rpc : 2011年6月13日 09:17
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/104355
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。