2011年6月12日

[debian-users:55385] Re: カーネルのインストールに失敗する

上田です。
武藤さん、ありがとうございます。

> 上田さんの作り方と同じかどうかわかりませんが、Debian squeeze環境で
> unetbootinがあったので使ってみました。

お伝え出来ていなくてごめんなさい。私はUbuntu11のunetbootinを使っています


> 1. パーティションのない空のUSBメモリを用意。
> 2. Distribution に Debian と Stale_HdMedia
> を選択(NetInstallではない)。
> 3. デバイス(自分の環境では/dev/sdb)を選択。
> 4. Exitし、firmware-6.0.1aのnetinst ISOファイルをUSBメモリの直下に
> コピー。
> 5. インストール対象のマシンでUSBメモリから起動。
>
> でhd-media相当で動くインストーラになったようです。ファームウェアが
> 必要になるようなテストマシンがないので実際にロードまで確認できたわけ
> ではないですが、ファームウェアロードの挙動部を見る限りではこれでうまく
> いくはずです。

ご教示頂きました手順にて、空のUSBフラッシュメモリにDebianのStable_HdMedia
にて作成し、firmware-6.0.1a-i386-netinst.isoをルートディレクトリにコピー
しました。

$ ls usb -a
./ ../ firmware-6.0.1a-i386-netinst.iso ldlinux.sys menu.c32
syslinux.cfg ubninit ubnkern

このUSBフラッシュメモリで起動を行なったところ、

This is not a bootable disk. Please insert a bootable floppy and press any
key to try again ...

と出て起動に失敗します。unetbootinのインストール後に出てくるメッセージで
、確かにISOファイルをUSBフラッシュメモリのルートディレクトリに配置してく
ださいとの旨のメッセージがありますね。。。

ちなみに(関係ないかもしれませんが)firmware-6.0.1a-i386-netinst.isoをunetbootin
でISOファイル指定した場合、以下のようになりました。

$ ls usb
README.html isolinux/
README.mirrors.html ldlinux.sys
README.mirrors.txt md5sum.txt
README.source menu.c32
README.txt pics/
autorun.inf pool/
css/ setup.exe
debian-6.0.1a-amd64-i386-netinst.iso syslinux.cfg
dists/ tools/
doc/ ubnfilel.txt
firmware/ ubninit
firmware-iwlwifi_0.30_all.deb ubnkern
g2ldr ubnpathl.txt
g2ldr.mbr win32-loader.ini
install/
install.386/

投稿者 xml-rpc : 2011年6月12日 23:43
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/104351
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。