2011年6月 3日

[debian-users:55340] Re: Linuxの学び方は?>時計が狂う問題は解決しました。

おはようございます。梅田です。

寺崎さんリプライを有り難うございます。


On Thu, 2 Jun 2011 07:24:49 +0900
Akihiro Terasaki <aki@xxxxx> wrote:

> おはようございます。寺崎彰洋です。
>
> On Tue, May 31, 2011 at 21:57 +0900,
> 梅田 光則 wrote:
> > (1)順序だてて1冊基本書を読みきる(今までは分からない所が有ると、該当
> > ページだけ読んで済ませていた)。
>
> 良いことだと思います。

有り難うございます。数回繰り返して、より大きな効果をと考えて居ります。

> > (2)manページから逃げない。 manの重要性は分かっていたのですが、日本語
> > で書かれているものでさえ、良く分からない物が多く、コマンド辞典に頼り切っ
> > ていました。しかし、manから逃げずに何度も読み、コマンド辞典の解説に助け
> > られながら、読み進めています。
>
> マニュアルは大事ですよね。読まないと始まらないと思います。

今は技術的正確性を一義的に追求するマニュアルに慣れる時期であること、理解
出来ない時のための虎の巻として市販のコマンド辞典があると考えて居ります。
繰り返したら自然と頭に入ることを、期待しつつ。

> > (3)英語を何とかする。 エラーメッセージや日本語訳されていないmanな
> > ど、英語を読む機会が有りますが、英語に堪能な友人が英語が読めるようになる
> > のにもリスニングが重要だとの、アドバイスを受け、彼が学習に使った CDを貰
> > い受け、聴いている所です。
>
> 英語は読めると読めないでは大違いですよね。私も英語を何とかしたくて
> LANG=en_US.UTF-8
> LANGUAGE="en_US:en"
> という環境で Debian を使用したり、ウェブブラウザの言語の優先順位で
> 英語を日本語より高く設定したり、英語の ML を購読したりということを
> しています。

現状の力の正確な把握と、目標設定のために、7月にTOICを受験したいと考えて
居ります。

--
梅田 光則 <m.umeda@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2011年6月 3日 02:57
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/104157
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。